ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パネル型より35%効率アップ!球体型のソーラー充電システムがカッコイイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソーラー充電システム。
その見た目のインパクトにまず驚きますが、従来のものと大きく違う点は、太陽や月の光を追跡する仕組み。透明な球体を通して一点に集中させた光をパネルへと照射し、発電効率を上げることができます。

この方法で発電を行う場合、従来のパネル型と比較して発電効率が約35%も高くなるそう。第一弾の大きな球体型の発電機は「INDIEGOGO」で資金調達に成功、予約販売が行われています。

地球儀のように設置するタイプの「Beta.ray」は、直径1mと1.8mの2つのサイズがあります。それぞれ、1日最大1.1kWh/3.4kWHの電力を生むことが可能で、価格は日本円にして80万円/120万円ほど。

また、その他にもオフィスなどに設置する窓枠タイプも開発されています。こちらは1日に2.5kWhの発電が可能に。なにより外見も未来的で“イケて”ます。

同プロジェクトでは、この発電方法を備えた建物を6つの大都市に設置する計画が進められており、バルセロナ・ニューヨーク・パリ・東京・ベルリン・ロンドンが候補として挙げられています。

開発を行う「Rawlemon」のHPによれば、将来的には街中の設備や窓ガラスにこの球体型ソーラーパネルを設置し、機能と美しい外観を兼ね揃えたエネルギーシステムを構築する予定だとか。

小型のデバイスも販売中

一般家庭用のミニサイズも発売しています。USB経由で充電が行える小型の発電デバイス「Beta.ey」シリーズなら約2万円から購入可能。停電の時などには便利かもしれません。気になった人はホームページをチェックしてみては?

Reference:Kickstarter , INDIEGOGO
Licensed material used with permission by Rawlemon

関連記事リンク(外部サイト)

【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ
MITが開発!「海水を飲料水に変える」技術が水不足を救う?
オランダでは、植物から電力を生み出している!?まったく新しい自然エネルギーに注目!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP