体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高速移動中でも携帯がつながるのはなぜ!? そのしくみを電波対策技術者に聞いてみた

人口カバー率 99%を超えたauの4G LTE(800MHzプラチナバンド)。現在もエリア拡大を続けていると同時に、通信品質を維持・向上するために定期的な確認調査も行っている。

日本全国に広がる電波の品質をどのように調査しているのか、そもそも電波はどのようにつながっているのか。KDDIのエリア品質強化室に所属する玉川隆士(写真左)と河島健一(写真右)に、鉄道ジオラマに囲まれたバーで話を聞いてみた。

「エリア品質強化室」のミッション

KDDIエリア品質強化室の玉川隆士(左)と河島健一(右)

――おふたりの所属する「エリア品質強化室」がどのようなことを行っている部署か、教えていただけますか?

河島「全国のエリア品質を改善するための企画や、改善活動の進捗全てを一元管理し、改善活動を加速化させる部署です。具体的には、エリア・通信品質向上施策の立案とその導入推進、生活動線や高速移動における品質改善、ビックデータを活用した品質改善システムの構築などを行っています。」

――そのなかでおふたりはどういったお仕事をされているんですか?

玉川「私の業務は、新幹線や高速道路といった”各エリアをまたがる場所や乗りもの”において、通信品質の改善手法の企画や現場への改善活動推進を行っていくということです」

河島「私はビッグデータを活用した、品質改善の企画やその導入推進を担当しています」

高速移動中の電波のしくみ

――新幹線などの高速移動中に電波をキャッチする仕組みって、どのようになっているのでしょうか?

河島「せっかくなのでジオラマを使って説明しましょうか。新幹線に乗っている場合、携帯電話は、沿線や少し離れたところにある基地局(写真の鉄塔)から電波を受けてデータや音声のやりとりをしています。

例えば右にある基地局と携帯電話が電波のやりとりをしていたとすると、電波の届く範囲は右側のオレンジ色の円の中ぐらい。新幹線は最高時速約280キロで進みますから、すぐにこの円を飛び越えて電波が弱くなっていきます。すると今度は、より強い電波を受信できる基地局へバトンを渡すようにつなぎかえて、通信を維持します。これを『ハンドオーバー』と呼んでいるのですが、このようにどんどん基地局を切り替えて、通信が継続されるようになっています」

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会