ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏だからやっぱり、ギンガムチェックを着よう

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏に着たくなる柄のひとつ、ギンガムチェック。どこかクラシックさを感じさせる品のいい雰囲気は、ワードローブの中にひとつあると、とても便利。
ただ、いまやトレンドを通りこしてもはや定番となりつつあるのも事実……。そこで、ギンガムチェックをいまっぽく着こなすテクニックをご紹介します。

デニムと合わせて上品カジュアル

SARAH MIKAELAさん(@srhmikaela)が投稿した写真 – 2015 7月 5 6:35午前 PDT

夏の定番服であるデニムのショーパンなど、カジュアルアイテムと合わせてもどこか育ちのよいお嬢様風にまとまるのが、ギンガムチェックのなせるワザ。
柄が大きめなほど、カジュアルな印象が強くなります。

赤ギンガムは、海とのコントラストに最強

LIKEtoKNOW.itさん(@liketoknow.it)が投稿した写真 – 2015 8月 4 9:31午前 PDT

赤のギンガムチェックは、夏のシーンにぴったりはまります。真っ青な海や空とのコントラストが、夏の思い出をいっそう濃いモノにしてくれそう。
ホワイトとの組み合わせですっきりと清潔感あるスタイルに。

レトロ感が、夏のはかなさにハマる

Alexaさん(@chungalexa)が投稿した写真 – 2015 7月 8 3:01午前 PDT

アーリーアメリカンの雰囲気をも醸し出す、ギンガムチェックのどこかノスタルジックな印象が足早に過ぎ去ってしまう夏のはかなさともマッチ。
今年のファッショントレンドでもある、レトロ系の雰囲気のスタイリングもおすすめです。
ボーダーやストライプのように定番柄としてクローゼットにプラスすれば、ファッションの幅を広げてくれること間違いなしです。
image via shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
暑さをやわらげる「エモ」なファッション
今からでも買い足すべき、夏ファッションアイテムまとめ
@katespadenyには「カワイイ」がたっぷり詰まってる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP