ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾波レイをイメージした新色「アヤナミブルー」誕生!母なる海と、凍てつく氷の中間色

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「アヤナミブルー AYANAMI BLUE」

ターナー色彩はエヴァンゲリオン20周年を記念し、綾波レイをイメージした新色「アヤナミブルー AYANAMI BLUE」を開発した。

氷のように冷たい青を意味するフロスティーブルーと、母なる海の暖かい青を意味するウォーターブルーを配合。「水より冷たく、氷より暖かい」綾波レイをイメージした新しい青になっている。

壁紙・塩ビクロス、木部、コンクリートなど室内の様々なものに塗装できる「J COLOUR AYANAMI BLUE」を7月26日に販売開始。10月にはアクリルガッシュで、アヤナミブルー、アヤナミブルーパール、 アヤナミブルーゲルメディウムの3つの新色を発売予定。アクリルガッシュはモチーフを選ばない強い接着力、ムラなくしっかりとしたノリの良さなどが特徴。

どちらの商品の購入者にも、オリジナルコラボデザインカードを用意。価格は「J COLOUR AYANAMI BLUE」が2,160円(税込)、アクリルガッシュの価格などは後日発表予定。

(c)カラー

オリジナルコラボデザインカード

▼リンク
アヤナミブルー AYANAMI BLUE
http://www.turner.co.jp/ayanamiblue/

エヴァンゲリオン 公式サイト
http://www.evangelion.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP