ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【テーマパークまとめ】今年の夏はどこに行く?  涼しくて最高に楽しめる『ジュラシック・ワールド』一択っしょ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


『ジュラシック・パーク』から22年……予期せぬトラブルにより『ジュラシック・パーク』では実現に至らなかった、地球史上最大のテーマパークが遂にオープン!『ジュラシック・ワールド』が現在大ヒット公開中です。

【関連記事】『ジュラシック・ワールド』ヒロイン・クレアに直撃! 「この映画グリーンバックでの撮影はほとんど無いの」
http://getnews.jp/archives/1073677 [リンク]

例年よりも暑い日差しと共にやって来た夏休みシーズン。今年も各テーマパークが様々な趣向を凝らしたイベントを開催し、この夏を盛り上げています。そこで、ぜひ遊びに行きたいテーマパークの夏情報をまとめてみました。

■東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り」&東京ディスニーシー「ディズニー・サマーフェスティバル」で夏本番!

東京ディズニーランドでは<ディズニー夏祭り>、東京ディスニーシーでは<ディズニー・サマーフェスティバル>と、ビショぬれ必須のプログラムを交えた夏ならではのイベントがスタート!さらに東京ディズニーランドには新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」がオープンした他、「エレクトリカルパレード・ ドリームライツ」がリニューアルし、ラプンツェルのフロートが新たに登場するなど、東京ディズニーリゾートがこの夏も本番モード!

■今年の水は1.5倍!USJで最高の夏休み!

パークの夏の風物詩「ウォーター・サプライズ・パーティ」がパーク史上最大の水量でパワーアップして登場!さらに、期間限定実施の「ワンピース・プレミア・サマー」や、「バイオハザード・ザ・リアル3」、この夏より初登場となる「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」など人気コンテンツが楽しめるプログラムも多数実施。アトラクション「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が3Dにバージョンアップするなど、最高の夏休みが体験できるコンテンツが盛りだくさん!

■富士急ハイランド、脱出迷宮アトラクション「絶望要塞」&「戦慄迷宮」がパワーアップ!

大人気アトラクションである「絶望要塞」&「戦慄迷宮」がこの夏パワーアップ!「絶望要塞」は「絶望要塞2」となってミッションテーマを“脱出”から“潜入”へと変更。さらに、「最恐戦慄迷宮 -暗黒病棟-」も「絶凶・戦慄迷宮」に名を変え、恐怖を徹底的に追求したアトラクションへとパワーアップ!どちらも二度三度挑戦したくなる挑戦しごたえあるアトラクションが君を待つ!

■ずぶ濡れアトラクション満載!驚き体験テーマパークUGOKAS

多彩な爽快体験アトラクションを集めた、夏限定のテーマパーク。目玉アトラクションである全長120mのウォータースライダー「ハイドロスライダー」や、高さ20mからダイブする「ブレイブジャンプ」、巨大風船の中に入って楽しめる「ウォーターバウンダー」など、大人も子供も楽しめるアトラクション満載!


どれもワクワクするイベントばかりが揃っており、どこへ行くかが迷いどころ。しかし、涼しくて並ばずに映画館で楽しめる史上最高のテーマパークが、映画『ジュラシック・ワールド』。

「ジュラシック・ワールド」最大のアトラクションは、島の中央に位置する海水プールで行われる「モササウルスエサやりショー」。モササウルスは体長18m、体重5トンにもなるかつての海の支配者で、2時間に一度、ホオジロザメを一飲みにする姿をご覧いただけます。さらに、頑丈なガラスで覆われた球体に乗り、恐竜の群れと並んで移動できる「ジャイロスフィア」、広大な草原をガリミムスと並んで走るアトラクション「ガリミムス・バレー」、カヤックで川を下る「白亜紀クルーズ」など、自分が恐竜時代の森に迷い込んだような感覚をお楽しみ頂けるアトラクションの他、実際に恐竜にさわる事のできる 「ジェントル・ジャイアンツふれあい動物園」、そして地球上に存在した最上級の肉食獣にして、最強の恐竜、T・レックスが待受ける「T・レックスキングダム」など、心躍るアトラクションの数々をご用意。

IMAX3Dや4DX、MX4D版での上映も決定しており、実際にこのパークに訪れたかのような臨場感をスクリーンに映し出します。涼しい映画館で最高のアトラクション体験ができるのは、この『ジュラシック・ワールド』だけです。お友達と一緒に、デートで、家族で、もちろんぼっちでも! この夏最大のアトラクションを満喫してみてくださいね。

http://www.jurassicworld.jp

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP