体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏休みにフル活用!旅先で「Apple WATCH」を最大限に活かす「12のアプリ&テク」

85singo_Watch-3Up-WatchOS2-3rdParty-PR-PRINT

夏の連休に遠出の計画をしている人も多いはず。ここでは、その際に「Apple WATCH」をフル活用して、いつもの旅行を何倍も快適にしてくれるアプリを紹介!

01.
カメラを遠隔操作して
ハンズフリー撮影!

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 10.30.42

まずは標準アプリとして備わっているカメラリモート機能から。旅行先での集合写真やセルフィーも、Apple WATCHがあれば遠隔からシャッターを切ることができます。タイマーも設定できるし、周りに写真撮影をお願いできる人がいなくても大丈夫。

もちろんiPhoneのカメラレンズからのアングルがどうなっているのか手元の画面で確認できるので、どんな写真が撮れたのか何度も仕上がりをチェックしなくてもOK!

02.
GPSと連動した
「Siri」のリマインダー機能

例えば「家についた時、〇〇する、って覚えといて」と話しかけるるだけで、スケジュールの登録ができます。さらに、「〇〇時に〇〇する」と時間指定もできるため、いろいろな場面に応用できます。旅先でうっかり忘れちゃいそうなことは、「Siri」に言付けしておけば心配ありません。

ちなみに、「Siri」は妖怪ウォッチの情報についても熟知しているようです。お子さまのいる人は是非「ウォッチ今何時?」「妖怪ウォッチメダルセット!」「飛べ、ジャイアントロボ」と話しかけさせてみると、きっと喜びますよ。

03.
空港でのスケジュールを
手元で確認!

85singo_スクリーンショット 2015-08-10 12.29.46

Licensed material used with permission by JAL Countdown

標準で設定されているアプリ「Passbook」は、ネット上にあるあらゆるクーポンを保存し整理してくれる機能が便利ですが、もちろん手元で航空券の情報をチェックすることもできます。

さらに、「JAL Countdown」では、運行状況の確認の他に手荷物カウンターの混雑状況までリアルタイムに見ることができる機能も。これは結構便利ですよね。

搭乗口の場所や、フライト10分前までを逆算した時間を手元で確認できるため、何度もチケットを再確認する必要がなくなっちゃいます。空港での移動をよりスムーズにできるアプリは、要チェック!

04.
いつでもどこでも
音楽が聞ける!


言わずもがなですが、手軽に音楽再生できるアプリ。ちなみに、予めプレイリストを設定しておくと、iPhoneがなくても音楽が楽しめます。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy