ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今度のボンドガールは2人、『007 スペクター』最新メイキング映像解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫
今度のボンドガールは2人、『007 スペクター』最新メイキング映像解禁

 シリーズ最新作ダニエル・クレイグ主演の『007 スペクター』の第5弾ビデオブログとして、2人のボンドガールたちとサム・メンデス監督のインタビューおよびメイキング映像が解禁された。

 今回、抜擢されたボンドガールは、“イタリアの宝石”と称される元祖美魔女モニカ・ベルッチと、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でヒロインを演じた、フランスの若手演技派レア・セドゥだ。史上最高齢のボンドガールとなったモニカ・ベルッチは、自分の役柄が“元マフィアの夫を殺された秘密を抱える未亡人”であることを明かし、彼女自身も夫を殺した何者かに命を狙われることになると語る。映像中では、喪服姿の彼女とボンドが親密に話し込む姿が写りこんでおり、落ち着いた大人のセクシュアルな雰囲気が感じられる。

 もう1人のボンドガール、レア・セドゥの役柄はボンドに敵対する謎の組織の一員、ミスター・ホワイトの娘。全貌は明らかにされておらず、メンデス監督は彼女の役柄について、新人には任せられない物語上の重要人物であり、経験豊かで成熟した女性として完璧なレアを選んだことを明かしている。本作は、12月4日TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー。

◎『007 スペクター』最新ビデオブログ〈ボンドガール編〉
https://youtu.be/OvMsptV0NI0

関連記事リンク(外部サイト)

北村一輝主演『猫侍 南の島へ行く』マナーCM完成「携帯電話の電源は、斬るべし!」
あんなテッドやこんなテッドも! 映画『テッド2』の新場面写真が解禁
Google 検索ストーリーに『インサイド・ヘッド』のドクター監督が登場、「感情とはなにか、人はどうして泣くのか」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。