ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

祖父母と孫が同一戸籍になることはない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 現在の戸籍法上、三代にわたる者が同一戸籍に記載されることはなく、したがって、祖父母と孫が同一戸籍に記載されることはないというのは本当でしょうか?

(1)本当である
(2)嘘である

A.

正解(1)本当である

 戸籍法6条は、「戸籍は、市町村の区域内に本籍を定める一の夫婦及びこれと氏を同じくする子ごとに、これを編製する。」と定めています。

 このことから、

(1)同氏戸籍を原則として、氏の異なる者が同籍となることはなく、
(2)夫婦は独立した一つの戸籍を有し、親と同籍の子が婚姻すれば子について新たな戸籍が作られ、
(3)同籍となるのは夫婦とその夫婦と親子関係にある者に限られる
こととなります。

 したがって、祖父母と孫が同籍になることはありません。
 なお、親の戸籍に入っている未婚の子が出産・認知によって親になった場合、祖父母と孫が同籍になってしまいそうですが、この場合、親が祖父母の戸籍から出て新しい戸籍を作り、そこに孫が入籍することになるため、やはり同籍にはなりません。

元記事

祖父母と孫が同一戸籍になることはない?

関連情報

胎児の段階から養育費のことを決められるでしょうか?(なっとく法律相談)
外国人事件(想うままに ー弁護士日誌から)
離婚した夫の葬儀費用は誰が負担するのでしょうか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP