ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これぞ神業!レゴで作った動物たちがリアルすぎると話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こちらのとってもリアルな彫刻作品。

何でできているかというと、そう、おなじみの「LEGO(レゴ)」!

 

手がけたのは、世界に十数人しかいないレゴ公認の「LEGO Certified Professionals」、Sean Kenneyさん。

Kenneyさんは、レゴを使って実物大の彫刻を制作するアーティストで、そのクオリティの高さにはただ驚かされるばかり。

・シロクマの親子

子グマたちがお母さんにじゃれる姿がなんともかわいい!

・クジャク

美しい羽根までリアルに再現!

・カマキリ

おなじみの威嚇ポーズ!微妙なバランスを安定させるのも、腕の見せ所。

・ヘビ

とぐろを巻く身体の曲線まで、なめらかに表現されている。

・陸ガメと小鳥

ガラパゴス諸島の巨大陸ガメと、その甲羅の上に乗った小鳥。

眺めているだけで、のどかな気分にさせてくれる。

・親ジカとバンビ

お母さんの愛情がじんわり伝わってくるようだ。

・チョウ

美しい模様を見事に再現。

作品の多くは自然にインスパイアされたものだが、中にはこんな巨大なモノも!

・Nintendo DSi

小さな虫から巨大なゲーム機まで…。

どこか幼い頃の思い出を甦らせてくれる作品は高い人気を誇り、現在作品の一部はアメリカで巡回展を開催中。

実物を見てみたい!という人は、ぜひそちらもチェックしてみて。

Sean Kenney
http://seankenney.com/

レゴ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP