ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここでは日焼けしないとかわいそう?借金してでもバカンスへ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Mai Maki「こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

TRiPORTライターのEdicolanteです。

現在私は、イタリア・ローマに在住しています。これから中部イタリアを中心とした旅の情報、現地で話題になっている生の情報を皆さんにお届けしていきたいと思います。さてまず今回は、イタリア人のバカンスの様子をご紹介!

1ヶ月以上、店が閉店

イタリアの学校の夏休みは6月半ばから9月半ばまで、約3ヶ月もあります。共働きの夫婦も多いので、お子さんたちをその間どうするか、毎年早くから家族会議をすることもあるようです。周りのイタリア人を見てみると、お子さんたちは父方の祖父母の家、母方の実家と順番に預けられ、ご両親が休みに入ると合流するという感じですね。

その時期、ローマの中心街は観光客で賑わいますが、住宅街は学校が休みに入った途端、子供たちの姿が見えなくなり、8月半ばになると、街はシーンと静まりかえります。この記事を書いている現在(2015年8月上旬)、私のイタリア人家族や友人は、私にペットシッターと植木の水やりを頼み、バカンスに行ってしまいました。私の夏休みは日本に一時帰国するまで我慢です…。

今週は休み前の買い出しで忙しくなります。なぜなら、街中のお店が閉まってしまうからです! お店によって2週間、長くて1ヶ月以上閉まるところもあるので、ローマに残る人は買い出しをしておかなくてはなりません。その準備のためにも夏に入る前に、いつ休みを取るかなどの情報交換をします。そしてそのとき、どこで休みを過ごすのか、ちょっと自慢することも。皆それぞれ、近所の普段通っているお店に顔を出し、挨拶回りをするのが一般的です。

Photo credit: T. Miyamoto「2014Summer@Italia

日焼けしないとかわいそう?

イタリアのバカンスといえば、海の近くや山の上の街に別荘を持っている人が多いので、必然的に大移動になります。別荘を持っていない人でも親戚や友達の家へ、とにかく移動します。

特に海に行くのが好きな人が多いです。そしてみんな日焼けをします。イタリア人の日焼けへの情熱はすごいんです! なぜなら、夏に白い肌でいると、バカンスに行けないかわいそうな人だと思われてしまうから。シミや肌の老化なんてお構いなし! 結構年配の方でも水着で堂々としています。水着から大きくお肉がはみ出していても、全然気にしない!

春頃からローマの公園では芝生に寝転がり、水着で日焼けをしているもいるから驚きです。一方でここに住む人たちは「真夏の暑い日に手袋をして傘を差している!」と、イタリアに来た日本人観光客を見て驚いています。

私は日本にいるとき、色白ということだけが自慢でしたが、今では普通に生活しているだけで、ローマの太陽に肌が焼かれてしまいました。バカンスには、行ってないのですが…。

みんなどこに行くの?

Photo credit: Mai Maki「こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

イタリアは不景気でもバカンスにはお金をかけます。お金がなくても、借金をしてでも楽しみにいきます。イタリアの人々は近場だと、クロアチア、ギリシャ、マルタ、トルコ、チュニジア、スペイン、フランスに行く人が多いのですね。逆にイタリアには、ドイツ人がたくさんバカンスに来ます。

イタリアで人気の海は、北イタリアのリグーリア海、中部イタリアではトスカーナのエルバ島。サルデーニャ島。アドリア海側。南では、ナポリ周辺、アマルフィやプーリアの海も素晴らしいのだとか!

さいごに

イタリアのバカンスをイメージできましたか? イタリアの人々のように、少し長めにゆっくりとバカンスに出掛けるのも、たまにはいいかもしれませんね。

ライター: Edicolante
Photo by: Mai Maki「こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】

関連旅行記はこちら

*Mai Maki「こんな絶景見たことない!宙を浮く船が見られるランペドゥーザ島でバカンスを☆【イタリア】
*T. Miyamoto「2014Summer@Italia

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP