ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出社前に朝飲みがしたい。「灯台もと暮らし」の編集者を巻き込んで。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、エディターのエリーです。

わたしはお酒がとても好きなんですが、お酒を夜飲むのって実は非効率なんじゃないかと思ってます。
飲み会の約束をしても仕事によっては行けないこともあるし、飲みすぎたら次の日に影響がでるしで、あんまりうまくいかない。
お酒で失敗することも多いんですが、それってお酒のせいじゃなくて、時間のせいなんじゃないかな、と。

ところで、LIGって始業時間が10時なんです。

だから、鶯谷に向かいます

こちらが朝5時の鶯谷駅です。

 

そして「信濃路」というお店にやってきました。24時間営業の居酒屋で、鶯谷駅から徒歩5秒という抜群のロケーションです。

 

現在時刻、5時34分。
10時までに出社すればいいと考えれば、あと4時間ぐらいは飲める計算。普通の居酒屋なら2軒、立ち飲みなら3,4軒はまわれますね。最高です。

なお、この撮影は出社前飲みのリハーサルとして、日曜に開催しています。じゃないと、上司に「就業規則には書いていないけれども!いないけれども!」と怒られるからです。

 

朝飲みに付き合ってくれた、後輩のさんぺー。
朝からアルコールを流し込むことに慣れていないのか、ぎこちない笑顔で、時刻を見せてくれようとしたiPhoneも画面が落ちています。

朝飲みあるある(1)

最初はみんな機嫌がわるい。

AM 5:44 キックオフ

とはいえわたしも慣れない早起きに頭がついていかず、ひらたくいえば「帰りたい」と思っていました。

そんな気持ちを奮い立たせるため、居酒屋のスタメンメニューを注文。

 

本命のもつ煮。
これが不味い店には出会ったことがない。酔って覚えてないだけかもしれない。

 

心を惑わすぷるぷるぶり。皿に添えられたカラシもにくい。
信濃路のもつ煮は七味を振らなくてもほんのり辛くて、お酒がすすみます。

 

もつ煮って朝向けの肴だったんですね、お酒ともつ煮の組み合わせで、胃がだんだん目覚めてきました。

朝飲みあるある(2)

食べ物が胃に入れば意外とイケる。

 

サービスしてくれた肉じゃが。
こんな朝から優しくされるとグッときてしまう。

 

それでもまだ6時26分。
平日だろうが休日だろうがいつもなら寝ている時間帯です。このころにはもう「あれ?意外に朝飲み楽しいかも?」という気持ちが芽生えてきました。

 

手羽先明太。鳥の手の中に他の生き物の卵をぶちこんだ狂気の沙汰ですが、これがまたずるいぐらい美味しい。

 

タブーは破られるためにあるのだ。

6:40 さんぺーの食指が動く

それまで注文に消極的だったさんぺーが、自我を取り戻しました。つまみを注文したのです。

 

頼んだのは、困ったときのハムカツ先輩。「よくわかっている」と言わざるをえない。

 

茶色と茶色は惹かれ合う。二杯目のウーロンハイを入れてしまいました。

朝飲みあるある(3)

二杯目に入ればこちらのもの。

特別ゲスト「灯台もと暮らし」のお二人が登場

7時になり、朝飲みゲストが到着しました。

 

今回お呼びしたのは、「灯台もと暮らし」を運営されているWaseiの若手編集者、小松崎さんと立花さんのお二人。
どんな目にあうのかわからず、不安げな顔をしています。


人物紹介:小松崎(タクロコマ)さん
株式会社Waseiの編集者。大学時代はカメラ部。Twitterはこちら


人物紹介:立花実咲さん
株式会社Waseiの編集者。ナマもの&手づくりのものがすき。Twitterはこちら

灯台もと暮らしとは

http://motokurashi.com/

これからの暮らしを考える情報ウェブメディア。日本の魅力を掘り起こすような丁寧なコンテンツが多く、ひとつひとつに愛を感じます。

WaseiさんはLIGが運営している「いいオフィス」の中にオフィスを構えていて、お仕事でもつながりがあるのですが、まだ軽くしか飲んだことがないので一気に距離を詰めるべくお呼びしました。

「朝から飲みたい」というオーダーだけで朝の7時に鶯谷まで来てくれた二人には、感謝の念しかありません。

朝飲みあるある(4)

朝飲みに付き合ってくれる人は生涯の友になるであろう。

 

時刻は7時過ぎ。12時間後であれば、ふつうの飲み会写真のように見えます。

 

一杯目をそそぐ小松崎さん。
瓶を別で渡されるほうが、注ぎ足す楽しみがあって良いですよね。

 

先に朝飲みの世界に入り込んでいるため、先輩風を吹かせながら、二人にお酒をすすめます。

AM 7:20 なぜ二人はWaseiに?

慣れない朝飲み、慣れないメンツとあって、どことなくよそよそしい雰囲気が漂うなか、二人がなぜ新卒でWaseiに入社することを選んだのか聞いてみました。

学生時代はcakesやnanapiなどでインターンをしていた小松崎さん。さまざまな選択肢があったなかで、なぜWaseiに?

 

「今まで、お世話になった先輩をはじめ、多くの方に協力していただいて、たくさんの原稿をつくりました。
そういう経験があったので、同じ会社で働いていなくても、大好きで尊敬している人たちと一緒に仕事をさせていただける機会をつくれることがわかったんです。自分次第ですけれど。ちょうどそのタイミングで、代表の鳥井に声をかけてもらって、働くことになりました」

  

「わたしは勘とタイミングですね。直感を大事にしてます」

立花さんも学生時代から出版社でインターンしたり、ライターをしたりしていて、Wasei代表の鳥井さんが携わっていた訪日外国人観光客向けWebマガジン「MATCHA」つながりで入社に至ったそうです。

最近の学生ってみんなこんなにインターンしてるんですか?
わたしのときは地方の出版社にインターン行ったつもりが、なぜか農作業を命じられ、毎日稲刈りに精を出した結果、農家のおじいちゃんにものすごく気に入られて「新米20キロやるよ!」と言われるなど、結局出版社らしい仕事をぜんぜんできなかった思い出しかないのですが。

 

「わたしはとにかくスーツを着るのが嫌で、就活をしてなかったんです。LIGに入れるならどんな職種でもいいやって」

安心できる意識の低さ。

AM 7:50 なぜか恋バナが始まる

仕事の話からどうしてこんなにレベルの下がった会話になったのか、それも朝飲みによるマジックかもしれません。

なぜなのか、今となっては本当に思い出せないのですが、さんぺーがいままでで最悪だったデートを語り始めました。

朝飲みあるある(5)

朝飲みは話が飛躍する。

 

「高一のとき、朝の10時に集合して1日で映画を3本見て。見終わってもやることないから『もう1本いっとく?』って。小学校のときの同級生だったんですけど、やっぱり小学校のときとは違いましたね。いままででいちばん最悪のデートです」

 

「わたしはやっぱり、仲良くない人とのデートがいちばんきつかったです。
カフェで3時間ぐらい、質問攻めで。会話というより一問一答状態で、ダラダラした取材みたいでした。そのあと『これから飲みに行く?』って言われましたけど、グッタリしてしまって」

 

小松崎さんは高校時代にサッカー部でマネージャーと付き合っていたそうです。
敵だなあ、と思いました。

AM 8:00 タガが外れてくる

もうすぐ8時。普段なら、そろそろ起き出す時間です。

 

小松崎さんの目がだいぶ据わってきました。いつもの8時なら見られない表情です。

朝飲みあるある(6)

8時から本気を出す。

 

茶色ばかりだったテーブルにも少しずつ彩りが。

 

立花さんが恥じらいながら、チェコでの淡い恋の思い出を語ってくれました。3週間の交流と、空港での切ない別れ。
日曜の朝8時に居酒屋で聞くのはもったいないエピソードです。

「会話は英語だったんですけど、わたしはそんなにスラスラ話せなくて。でも、そのじっくり考えて話すのが新鮮だったみたいです」

 

「わたしは付き合った人より、やっちゃった人の方が多いです」

ロマンチックな雰囲気を打ち壊すさんぺー。だれもそんなことまで聞いていないのに……朝飲みの特攻隊長です。

朝飲みあるある(7)

心の距離を一気に縮めてしまう。

 

さんぺーに「エリーさん、ワンナイトラブってどれぐらいありますか!?」と聞かれて、思わず笑った瞬間です。メモっとこう。

 

「そうして夜は更けていきました」とか書きたくなる写真ですが、もうすぐ9時。
10時に出社することを考えれば、そろそろお開きの時間です。なお、店内ではドランゴンボールが放映されています。日曜の朝ですね。

 

最後に信濃路の前で。
すさまじい白飛びが朝飲みの満足感を表現しています。

さあ、出社しよう

これから登山でもしそうな爽やかさですが、飲み会終わりです。

 

遠い目をしている小松崎さん。朝飲みバージンを奪ってしまいました。

AM 10:00 オフィスに到着

そして、みんなのオフィスに到着しました。Waseiの二人は3階のいいオフィスに向かいます。

 

撮影に協力してくれた小松崎さん・立花さん、そして「信濃路」さん、本当にありがとうございます。

AM 10:30

飲んだあとは仕事にならないので気をつけましょう。(家に帰って5時間寝ました)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP