体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、アプリ開発者向けに「Mobile Vision API」を提供開始

Google が Android アプリの開発者向けに、「Mobile Vision API」という新しい API を発表しました。Mobile Vision API は、画像処理機能やカメラといった端末に備わっているリアルタイムのビジョン技術を活用したアプリを開発できる API で、Google Play 開発者サービス 7.8 以上がサポートしています。実際には、Face API と Barcode API の 2 つのコンポーネントとして提供されています。Face API は、画像や動画で人物の顔を認識する機能を提供する API で、既存の Android FaceDetector.Face API よりも高速で精度が高く、さらに、口や鼻などの顔のパーツを個別に識別することや笑顔や目の開いている状態を識別することもできますBarcode API は、任意の方向のバーコードをリアルタイムに読み取ることができるほか、複数のバーコードを一度に読み取ることもできるとされています。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note 5のSペンの仕組みがわかるハンズオン動画
SamsungがIFA 2015で「Gear S2」を発表すると告知
Sony Mobile、「Live on YouTube」の設定メニューを刷新、配信の一時停止や音声ミュートが可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy