ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運動20分以上で脂肪燃焼説 その真偽とEMSマシーンの効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダイエットを頑張ってるのに体重が減らないのには、理由があった! やせるのはどっち? 日本ダイエット健康協会、代表理事の古谷暢基さんと福岡大学スポーツ科学部教授で医学博士の田中宏暁さんに聞いた。

Q:通販でよく見る腹筋を低周波で鍛えるEMSマシーンの効果は?

A:何もしないよりは多少効果が出るかもしれないが、不明。

「アスリート的には、器具だけで筋トレするのは限界があると思います。食事制限や生活習慣などにも留意して器具を併用した結果、ダイエットへのモチベーションがUPし、やせたと考える方が自然でしょう。深呼吸でインナーマッスル全体を刺激するのは0円(笑い)。なにより楽チンだと思いますよ」(古谷さん)

Q:20分以上有酸素運動しないと脂肪が燃えないって、ホント?

A:関係ない。

「運動生理学的には、20分以上~というのは根拠のない噂です。たとえ1分ずつでも筋肉を動かせば血流はアップし、エネルギー消費につながります。例えば、トイレ休憩の時にトイレまでスロージョギングをするだけでも、8回行けば30分近く有酸素運動した計算になります」(田中さん)。

 最初に筋肉に負荷を与えることで、エネルギー分解ホルモンであるアドレナリンが動きだし、脂肪分解酵素リパーゼの働きも活性化される。エネルギー消費スイッチが入った状態で有酸素運動を行えば、自ずと脂肪燃焼効果も高まる。

 交感神経を刺激すると効率よく脂肪が燃えることは上記に述べたが、コーヒーを飲んだり、怒ったりしていても交感神経にスイッチが入る。

「イライラしている時には有酸素運動がオススメともいえますね」(古谷さん)

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
運動開始から20分経たないと脂肪燃焼されない説に研究者異議
ジョギング効果 消費カロリーは30分走ってもおにぎり1.5個分
やめるだけダイエット エレベーター利用、自転車移動も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP