ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嵐山光三郎氏 老人が妻から解放される「無断外泊のススメ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今「下流老人」という陰鬱な言葉が流行っているが、ここでは敢えて「不良老人」という生き方を提唱したい。呑む、打つ、買うにとどまらず、サラリーマン時代にはなかった「自由」を謳歌するのが不良老人としての醍醐味だ。

「無断外泊のススメ」を提唱するのは、『不良定年』の著書もある作家の嵐山光三郎氏である。

「無断外泊は、思い立ったらすぐやりなさい。次の日に妻に『どこ行ってたの?』と問い詰められたら、『高校時代の友人と会って痛飲してしまった。終電を逃したから、近くのビジネスホテルに泊まったよ。タクシー代より安いから』とでもいっておけばいい。最初は1日、それを年に2、3回やり、さらに月に2、3回と続ければ、妻も『いつものことね』と慣れてくる」

 ずっと妻の目を気にして生きてきた夫には、相当ハードルが高そうだが、だからこそ妻の束縛から解放された時は、最高に気持ちいいに違いない。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
食・住に困窮する下流老人を取り上げ貧困について考察する本
やんジー提唱者 「定年後はやりたいことをやる最後の好機」
日野原重明「老人」は差別用語ではなく、尊敬の言葉と指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP