ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハチに刺されて死ぬ確率 毒蛇より上で有毒動植物接触で第1位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「山道で出会うとしたら、ヒグマとハチではどちらが怖いか」と尋ねられたら、ほとんどの人がヒグマと答えるのではないか。2005年から2014年までの10年間で、ヒグマに襲われて死んだ人は12人。年平均では1.2人となる。

 被害はやはり北海道に集中し、北海道以外では動物園で飼育員が襲われるケースがほとんど。2012年4月には、秋田県の八幡平クマ牧場で、飼育員女性2人が襲われて死亡し、ヒグマ6頭が逃亡したのち、射殺されるという陰惨な事件も起きている。

 では、ハチはどうか。以前ハチに刺された経験がある人が再び刺されると、アナフィラキシーショック(急性のアレルギー反応)を起こすことがあり、ひどいときは意識不明に陥り、急死することもある。

 厚労省の人口動態統計によると、ハチに刺されて死亡した人は、2004年から2013年までの10年間で193人。年平均で19.3人で、「有毒動植物との接触」という死因のなかで、ハチによる死は毒蛇よりも多く、堂々のトップだ。

 明らかにヒグマよりハチのほうが人をたくさん殺しているが、それはヒグマに出会うことが滅多にないからで、出会ったときはかなりヤバイので逃げよう。

 ちなみに、クマに遭遇したら「死んだふり」がいいというのは、デマらしい。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
クマに出合ったら逃げてはダメ 写真のフラッシュたくのもダメ
大雪による死者数 半数以上が屋根の除雪作業中などに死亡
「パンくん」で有名なあの動物園でクマ惨殺事件が起きていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP