ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

萩本欽一 山本圭壱の復帰ライブで激励に行ったことを明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 欽ちゃんこと萩本欽一(74)が8月7日より、ニコニコ動画で『欽チャンネル』を開設し、『欽ちゃんのドーンとゴールド!』(毎週金曜21時~)を開始した。往年のラジオ番組『欽ちゃんのドンといってみよう!』のように、番組が提案するお題に対し、視聴者がネタを投稿する形を取る。

 初回は、スタッフの作ったネタに視聴者がコメントを書き込み、それに対して欽ちゃんが反応するという形で進行。そのなかで、欽ちゃんが投稿者の例として、「新潟の山本」と不意に口にした。すると、視聴者は騒然。欽ちゃんにとって、タブーと思われている「山本」の名前が出たからだ。

 2006年、欽ちゃんが監督を務めていた『茨城ゴールデンゴールズ』の選手だった極楽とんぼの山本圭壱(47)は遠征先の北海道で淫行騒動を起こし、所属の吉本興業を解雇され、『茨城ゴールデンゴールズ』も一時は解散のピンチに陥った。

 以来、芸能活動から遠ざかっていた山本だが、今年1月19日に東京・下北沢の劇場でお笑いライブを行なった。その際、山本はコントのなかで、「今朝の9時に、山本と欽ちゃんが会ったんだってよ~」「欽ちゃんが花持って来てたんだよ」と発言。

「因縁の2人が接触か」とメディアでも大きく取り上げられたが、後日欽ちゃんの所属事務所は「花を送った事実もない。気には掛けているようですが、こちらから何か動いたことはありません」と否定し、ネタについては「コメディアンですからね。問題はないと思いますよ」と話していた。

 このような経緯があるため、欽ちゃんが単によくある名前の「山本」と口にしただけで、視聴者は“山本はアカン”などとコメントで敏感に反応。すると、それを見た欽ちゃんは「“山本はアカン”ってなんだよ」と笑い、視聴者が「山本=山本圭壱」と連想したことには、まるで気付いていない様子だった。

 しかし、“極楽の山本”というコメントが流されると、欽ちゃんが「極楽の山本。極楽の山本、ちょっと懐かしいな」と、ようやく“山本圭壱”を想起したようで、「こないだちょっと会ったんだよな。劇場でやるっていうんで」と、一旦は否定されたはずのエピソードを話し始めた。

「俺、頑張ってくれっていってさ、いちばん最初の客っていうんでさ、一応入場料としてさ、それなりの金額をポンとさあ。有名人だからね。それなりといったら、だいたい金額わかるだろ。(スタッフが笑う)これ、笑ってるってことは、相当セコイんじゃないかと思ってる(笑)」

 事務所が否定していたにもかかわらず、本人の口から新事実が飛び出した。復帰ライブの日にお祝いに駆けつけたことを明かしたのである。いったい、どういうことなのか。芸能関係者が話す。

「萩本さんクラスの大物になると、本人は構わないと思っていても、事務所側が周囲に気を遣ってしまったり、大物としての立場を考えて発言したりするケースがよくある。事務所の立場としては、復帰ライブのときに欽ちゃんと山本が接触したことを公にしたくなかったのではないでしょうか」

 今回の放送にしても、欽ちゃんが山本のことをタブー視している様子は全くうかがえなかった。

「それなりのお金をポンと渡したという話は、欽ちゃん特有の冗談かもしれませんが、同じ芸人として陰から応援していることは間違いないと思いますよ」(同前) 


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萩本欽一「丁寧な番組作りはいかりや長介から学んだもの」
7億当せん番号の宝くじ持つ萩本欽一 換金せず見せびらかす
萩本欽一 さんまとゴルフ行かぬ理由とたけしとの関係を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP