ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

栃木ネタで人気U字工事 東京在住と明かすとがっかりされ困る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 揃いのスーツで、「〇〇だっぺ」というバリバリの栃木弁と、北関東ローカルや田舎あるあるなどのネタでおなじみのお笑いコンビ・U字工事。当然、栃木生まれの栃木育ちなのかと思いきや…。ファンからのよくある誤解や、栃木ネタにこだわる理由などについて、U字工事に語ってもらった。

――今日はわざわざ栃木からご足労頂いて、ありがとうございます。

福田薫:いえ、ぼくたち東京に住んでますよ。栃木から通っていると思われるんですけど…。

益子卓郎:高校を卒業したあと、18才で上京してからずっと東京に住んでいるので、もうすぐ東京生活のほうが長くなるんです。

――知らない人も多いんじゃないですか?

福田:そうなんです。東京に住んでいると言うと、ショックを受ける人がいるんですよね。こっちも、なんかすみませんみたいな気持ちになるんです(苦笑)。東京でサイン会やDVD販売会をすると、お客さんに「今日は栃木から来たんですよね。大変ですね」と言われるんです。「いや違うんです、東京からなんです」って言うと、がっかりされたり。悪いことをしてるわけじゃないけど、申し訳ないなって。

益子:方言だし、ローカルネタだから、ご当地芸人みたいに思われているのかもしれないですね。結成からずっと東京なんですけど。

福田:ぼくらは、かなり東京の電車の接続に詳しいですよ、後方に乗ったほうが乗り換えしやすい路線とかも知ってますし。東京の人にも負けません(笑い)。

――ローカルネタをしているのに、東京に住んでいることで、困ったことはありませんか? 

福田:あまりないですね。おしゃれな地域は苦手なので、原宿とか表参道はプライベートでは行かないんです。落ち着かないんですよね、人が多くて。ぼくは、買い物はもっぱら上野のアメ横です。ちっちゃい頃から行っていたので、落ち着きます。北の玄関口ですからね。服屋さんのすぐ隣が焼き鳥屋さんだったり、そういう雑多なほうが好きですね。

――ローカルの強みはありますか?

益子:ライブでちっと滑っても、「くそつまんねえ」とか、あまりアンケートに書かれないですね。方言でやわらいでるというか。

福田:お客さんを責めるタイプのネタをする人は、「早くやめちまえ」とか、厳しいことをアンケートに書かれる芸人もいるんです。でもぼくらが滑っても、「ほのぼのして温かい気持ちになれた」と書いてもらえたり。今まで、罵詈雑言はなかったですね。

益子:アンケートには、方言のことがよく書かれます。「栃木弁が恥ずかしくて隠していたけど、堂々と使えるようになりました」とか書いてあると嬉しいです。

福田:「栃木出身なんですけど、東京で栃木のなまってる人が頑張っているのを見て、勇気をもらえました」とか、嬉しいよね。

――つぶやきシローさんも栃木のかたですが、あまりなまってないように聞こえますね。

益子:実は栃木の中でも方言が違うんですよ。北の福島県寄りと、中央の宇都宮地域と、南の埼玉県寄りで違うんです。つぶやきさんは野木町というところ出身で、南側だからあまりなまってないし、優しい感じの尻上がりなんです。でも北は「だっぺよ」って、破裂音が入る。だから南の人には、「栃木はそんなになまってないでしょ」って言われるんです。なまってると思われて困るって。それは申し訳ないんですけど、だいぶ違うんですよ。

――方言芸人のライバルはいますか?

福田:いえ、みんな仲間ですね。茨城の方言を使う赤プルさんも、面白いなと思って見てます。共感することも多いですしね。あと、渡辺直美さんやザ・たっちさんも栃木なんですけど、なまっていないですね。

益子:あまり栃木出身の芸人と会わないんですけど、フィーリングは合う気がします。「栃木県人会やろうね」と言いながら、絶対やらないところとか(笑い)。「栃木でなんかやれたら」って言うだけ。栃木の県民性って、積極的じゃないんです。

――ずっとローカルネタだと、ネタがつきませんか?

益子:つきますね。ネタ作ってもまた似てるな、みたいな。

福田:思考回路が、同じ道に行っちゃうんですよね。そういうときは、思い切ってやめて新しいものを作ったりします。

益子:だから参考に、栃木の新聞のニュースサイトはよく見ていますね。『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)とか出るときに、情報を知っていると使えたりするし。

福田:ぼくらのブログのコメント欄に、栃木のかたが書き込んでくれて、情報を得ることもあります。ありがたいですね。でも基本的には自分たちで探します。栃木県ってかんぴょうの名産地なんですけど、いじりやすい食べ物なんですよ。メジャーなものに比べたら、マイナー感があるじゃないですか。

――どんなネタになったんですか? 

益子:(漫才風に)かんぴょうは栄養成分とか繊維質が多いので、女性におすすめです。ぼくも食べてるから、便通はすごくいいですよ。今ちょっと、ぼく出てますよ。

福田:汚ねえな、そこまでゆるくならないだろ!

益子:今、ゼロ食品、糖質ゼロとかカロリーゼロとか多いですよね。かんぴょうはね、ビタミンCゼロなんですよ。

福田:そこを推すなよ!

益子:…という漫才を、4、5分やったりしているんですけど。

福田:かんぴょう団体の会長さんみたいな人からメールもらったよね。広めてくれてありがとうって。

益子:“かんぴょう祭り”にも呼んでもらいました。

福田:かんぴょうのつかみ取りがあるんですって。なにが面白いんだっていう(笑い)。

――博多華丸・大吉さんは、博多のお店に詳しいですが、お2人は?

益子:栃木の店、聞かれますね。有名なところは知っているんですけど、ぼくらは18才で東京に出てきちゃったので、行きつけの店はないんです。山のほうで育ったので、周りに店がないんですよ。行きつけとか、思い出の場所とかないので、聞かれると困りますね。

――聞かれたら、どう答えるんですか?

福田:出てきてから、『とちぎ発!旅好き!』(とちぎテレビ)って旅番組で、県内を色々と行かせてもらえるようになったんです。その知識で紹介しています(笑い)。

益子:もう10年くらいやらせてもらっているので、それで宇都宮によく行く餃子屋さんとかができたんですけど、それは大人になってからです。まだ、残念ながら栃木に関する情報は把握しきれていません。

福田:栃木に旅行に行った人が、「あそこ行って来たよ」と報告してくれるんですけど、ぼくらが知らないと、びっくりされるんです。100%何でも知っていると思われているんですよね。その気持ちに応えられない時は、すみませんって謝るしかないですね。

【U字工事】
栃木県立高校の同級生だった、福田薫と益子卓郎の2人により、大学卒業後の2000年に正式にコンビ結成。栃木弁を駆使した癒し系ほのぼの漫才を武器に一躍ブレイク。2010年、2015年に、国立劇場花形演芸大賞金賞受賞。『とちぎ発旅好き』(とちぎテレビ)レギュラー出演中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
U字工事おすすめ 月に1度は食べる栃木限定「苺そうめん」
栃木の「ご飯にかけるギョーザ」 累計50万個販売のヒット
橋田壽賀子「次はイチローを通して米国人を描きたい」と告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。