ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、5.7インチデュアルエッジスクリーンモデル「Galaxy S6 edge+」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 8 月 13 日(米国時間)、米国・ニューヨークで開催された Galaxy Unpacked 2015 イベントにおいて、Galaxy S6 edge の大画面モデルとなる「Galaxy S6 edge+」を発表しました。Galaxy S6 edge+ は 今月より発売されます。Galaxy S6 edge+ は 5.7 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイを搭載したファブレットジャンルの新型スマートフォンで、スペックは同日発表された「Galaxy Note 5」レベルに引き上げられており、Galaxy S6 edge よりも性能が向上しています。ディスプレイ両サイドはメインディスプレイから独立したサブディスプレイ「エッジスクリーン」を搭載しており、Galaxy S6 edge にはなかった最大 5 個アプリを登録できる「App Edge」をサポートしました。また、「People Edge」ではビデオ通話やメッセージを相手に送信できるなど改良されています。筐体デザインは Galaxy S6 edge とほぼ同じで、筐体サイズが大きくなっています。実際の筐体サイズは 154.4 x 75.8 x 6.9mm、質量は 153g です。カラバリは、“White Pearl”、“Black Sapphire”、“Gold Platinum”、“Silver Titanium” の 4 色。搭載プロセッサは Exynos 7420 2.1GHz × 4 + 1.5GHz × 4 のオクタコアで、メモリは 4GB RAM(LPDDR4)、32GB / 64GB ROM(UFS 2.0)、Micro SD カードは非サポート。バッテリーの容量は 3,0000mAh に増え、ワイヤレス充電や急速充電もサポートしています。Galaxy S6 edge+ のリアカメラは 1,600 万画素の裏面照射型 CMOS (F1.9 レンズ)で、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「スマート光学式手ブレ防止」機能や、複数の動画をコラージュして 1 本の動画にする「ビデオコラージュモード」、YouTube を介してフル HD サイズでライブ中継できる「ライブブロードキャスト」などをサポートしました。フロントカメラは 500 万画素(F1.9)を採用しています。通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、Bluetooth v4.2 LE、LTE Category 9、NFC、USB 2.0(Micro-B)などをサポートしています。OS は Android 5.1(Lollipop)で、Samsung Pay (NFC 方式 と MST 方式)によるモバイル決済をサポートしています。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungがIFA 2015で「Gear S2」を発表すると告知
Sony Mobile、「Live on YouTube」の設定メニューを刷新、配信の一時停止や音声ミュートが可能に
Samsung、モバイル決済サービス「Samsung Pay」の正式サービスを8月20日より提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP