体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

moumoon“もうひとつのデビューアルバム”完成にうれし泣き「裸んぼうでキャーって言いながら光り出しました!」

moumoon“もうひとつのデビューアルバム”完成にうれし泣き「裸んぼうでキャーって言いながら光り出しました!」

 YUKA(vo)いわく「未来にいって、音を捕まえてきた! 的な、そんな感覚です。音も歌もピチピチしてる、感じです」という新アルバム『It’s Our Time』を完成させたmoumoon。この“もうひとつのデビューアルバム”とも言える新作についてYUKA&MASAKI(g,key)が語った。

moumoon キュートなライブ写真一覧

<“死ぬ前に聴きたい音を創る”『LOVE before we DIE』から約1年半>

 前オリジナルアルバム『LOVE before we DIE』は、いつかは死ぬから“死ぬ前に聴きたい音を創る”と制作し、インディーズデビュー前からmoumoonを知るラジオディレクターが「解散するんじゃないかと思いましたよ」と語った程、熱量が凄まじい作品となった。あれから約1年半、今春のインタビュー(http://bit.ly/18WUyHj)では「今は赤ちゃんみたいです。どれだけのあいだ赤ちゃんなのか分からないし、このままずっと赤ちゃんかもしれないけど、moumoonは今赤ちゃんで、何にでもなれて、それを私たちが育ててる感じなんです。今はハイハイしてるぐらいかな? でも多分もうすぐ立って、すごく光り出す気がします。裸でね(笑)」(YUKA)と語っていたが、その赤ちゃんは『It’s Our Time』で果たして発光することが出来たのかどうか。以下、同作リリース前に敢行したインタビュー。

◎moumoon(YUKA/MASAKI)インタビュー

<私は“夕轟”が大好きで“夕轟”の感覚をずっと創っていたいんだなって>

--moumoonの2人のみであらゆるサウンドを構築した春のツアー【moumoon FULLMOON LIVE TOUR 2015 SPRING~OFUTARISAMA~】は、自分たちの中でどんな意味を持つツアーになったと感じていますか?
YUKA:音楽とかmoumoonのすごく根本的なところと向き合うライブだったなと思っていて、2人がバンドとしてグッとひとつになれたし、アルバム『It’s Our Time』にも繋がっていく話なんですけど、あのツアーがあって良かったなって今すごく思っていて。と言うのも、ステージの上に2人しかいない状況で、どういう風に演奏しているか、どういう表情をしているか、そういう細かいところも見えてきたり、すごく大変だったし、しんどいなと思うところもあったんですけど、でもそれを超えてみて「挑戦して良かったな」って。単純に一緒に音楽を奏でる上で仲良くなったなって思います。
--赤坂BLITZ公演の終演後にも言いましたが、moumoonって本来相反する衝撃と安心を併せ持つユニットですよね。
YUKA:言ってた(笑)!
--これって自ずとそうなったの?
MASAKI:自分たちではよく分からないんですけど、気付いたらそれがmoumoonの個性になっていたのかもしれないですね。

--2人はmoumoonを通して何を起こしたいんでしょう?
YUKA:日常の中でパッと景色を見たりして、すごく断片的に感じる胸の痛みとか、懐かしい感じとか、昔味わったけどよく思い出せないものとか、そういう類の切ない気持ちっていうのは、一体なんなんだろうなぁ?って思いながらずっと歌詞を書いてきたんですけど、それに最近名前があることを知って。なるほどって思ったんですけど、例えば夕暮れ時にえも言われぬ切なさとか恋しさとか、そういう滲み出てくるような感情に捕われて「うっ……」てなることを“夕轟(ゆうとどろき)”と呼ぶということをある本で知ったんです! その“夕轟”がmoumoonの音楽には一番最初からあると思っていて、だからmoumoonの音楽を聴いて「知れてよかったなぁ、この得体の知れない感情」とか、そういうことを感じてほしい想いが一番強いです。
--“夕轟”という言葉を知れた本はなんて本なんですか?
YUKA:小山薫堂さんの『恋する日本語』です。私は“夕轟”が大好きで“夕轟”の感覚をずっと創っていたいんだなっていうのを初めて知って感動しました。ただ、その“夕轟”を漢字2文字じゃなく歌詞でどう説明したらいいんだろう?って多分思い続けながら、moumoonの曲と向き合っていくんだなぁってそのとき感じました。
MASAKI:“夕轟”か、初めて知った。僕がmoumoonの音楽で起こしたいことは……自分たちは音楽を創っている過程をすごく楽しんでるし、大事にしているんで、今は1曲1曲をいっぱい聴くってことは少ないかもしれないんですけど、「良いな」と思ったらその曲をいっぱい聴いて、声の質感だったり、「ここ、ディレイかかってるんだな」とか、そういう細かいところも好きになってもらいたい。そしたらもっと音楽が好きになると思うんですよね。もちろんメロディーと歌詞として捉えてくれるのも良いんですけど。ただ、moumoonのファンは細かく聴いている人も多くて、それは創ってる側としては嬉しいですね。
--単純にもっと音楽好きを増やしたい想いもある?
MASAKI:そうですね。変なものに惑わされずに、良いものをみんな聴いたら良いのになって思います。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy