ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレクターズのニューアルバムは、復活したTRIADレーベルからのリリース!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ザ・コレクターズが9月16日に発売する、通算21枚目のオリジナルフルアルバム『言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと』 がTRIADレーベルからのリリースであることがわかった。

TRIADレーベルとは、1981年に日本コロムビア内に発足したロックレーベル。THE YELLOW MONKEY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ザ・コレクターズら多くのグループが所属しており、2007年以降は休眠状態となっていたが、7年ぶりに復活を遂げたレーベルである。

今作はゲストボーカルにTRIADのレーベルメイトでもあったピチカート・ファイヴの野宮真貴、鍵盤に髭やWUJA BIN BINでの活躍でおなじみのgomes、チェロに1966カルテットから林はるかを迎えて楽曲制作が行なわれた。

加藤ひさしの歌詞世界が前作に比べ、よりリアリティがあり、切実な想いであったり、声を大にして言い続ければいけないことであったりと、アグレッシブなメッセージがある一方、加藤のヴォーカリストとしての歌唱力が存分に発揮されているバラードや、コレクターズの今の姿勢としてあり続けている応援ソングも含む、聴きごたえのあるアルバムになっている。

もちろん歌だけでなく、古市コータローの存在感のあるギター、阿部耕作の安定感のあるドラム、そして山森 JEFF 正之のもう何年もコレクターズのメンバーであるかのようなベース、この3人にしか鳴らすことのできない楽曲も聴きどころだ。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
ザ・コレクターズ オフィシャルHP
阿部耕作(ザ・コレクターズ)、個性派揃いのバースデー・ライヴの開催が迫る!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP