体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【孤独のグルメ】東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ / みゆき食堂

miyuki12

五郎さんセット
900円

外食で特別な料理もいいが、「格別な料理」なら大衆食堂でもじゅうぶん堪能できる。東京都清瀬市の『みゆき食堂』では、酒場という面を持ちながら、無数にある料理の数々を楽しめる。

・トップクラスの「情緒」
ドラマ『孤独のグルメ』には味のある店舗が登場するが、なかでも『みゆき食堂』は、トップクラスの「情緒」と「個性」を感じさせる大衆食堂である。

miyuki1 miyuki2 miyuki3

・隣の焼き鳥屋から焼き鳥
まず店頭が面白い。同じ建物に、焼き鳥屋と食堂がくっついて営業しているのだ。食堂で焼き鳥(110円)を注文すると、店員さんが隣の焼き鳥屋から焼き鳥をもってくる。まさにデリバリー焼き鳥。

miyuki4 miyuki11

・客は立ちながら壁を見つめる
店内に入ると、壁一面に貼られたお品書きの数々。壁にしかお品書きがないので、客は立ちながら壁をじっと見つめ、何を注文するか決める。あまりにも種類がありすぎて、常連客以外はかなり頭を悩ませるそうだ。

miyuki7 miyuki6 miyuki5 miyuki8 miyuki9

・あっさり風味の辛すぎない豚肉
この食堂はとにかくおかずが美味しい。そうなると、ガッツリとご飯を食べたい。それならば、「もやしと肉のピリ辛イタメ」(300円)がオススメだ。ザクザクキュキュッとした食感を残しつつ炒め、あっさり風味の辛すぎない豚肉がウマい。ご飯(100円)に乗せて食べれば、まさに至福のひととき。

1 2次のページ
東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。