体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『攻殻機動隊』と『インディペンデント』のオフィシャルコラボ腕時計登場

インペリアル・エンタープライズ株式会社のプレミアムキャラクターグッズブランド『PREMICO(プレミコ)』から、アニメ『攻殻機動隊』(以下、攻殻)シリーズ最新作『攻殻機動隊 新劇場版』のオフィシャルコラボ クロノグラフが世界限定2500個発売中です。価格は39800円(税別)。

【関連:「死の外科医」トラファルガー・ローの魅力を詰め込んだ、高級腕時計登場】

『攻殻機動隊 新劇場版』のオフィシャルコラボ クロノグラフ

インペリアル・エンタープライズのPREMICOは、“高品質”“高級感”“普段使い”などを重視したキャラクターグッズブランド。そのため、一般のキャラクターグッズに比べ比較的高額商品となっていますが、商品クオリティや実用性に評価が高く、このクロノグラフも発売前から熱心な攻殻ファンから注目されていました。特に、シチズン時計のブランド『インディペンデント』をベースにした特別コラボ商品ということも注目を集めているようです。

発売時に案内(リリース)をいただいていた際に、商品サンプルがあるということだったので、今回お借りすることができしました。現在本商品はWeb限定で予約受付が行われていて、商品発送は12月を予定。そのため、本稿では皆さんより一足先に実際の商品に触れた感想を紹介しようと思います。

5

まず見た感じの感想からですが、一見するとこれがキャラクターグッズとはファン以外には分かりにくいものになっています。
ただファン目線からみると、電脳世界をイメージしたデザインの文字盤の上で、精密に時を刻む針。加えてロジコマをイメージしたインダイヤル(文字盤内に配置された小さなダイアルのこと)など、攻殻の世界がスタイリッシュな時計デザインに落とし込まれ、腕を見る度おもわずニヤリとさせられるものがあるのではないでしょうか。
アニメ・マンガ世界をスタイリッシュにまとめるのは、もはやPREMICOのお家芸。今回も上手に、そして、違和感なく普段使いできるよう細かい部分まで工夫されています。

『攻殻機動隊 新劇場版』のオフィシャルコラボ クロノグラフ

つけ心地はそこまで重すぎもなく、軽すぎもなく。ベルトはステンレススチールでできているためか、ツルツルしていてリアルな話「腕毛の巻き込み問題」は特に気になりませんでした。絡むと痛いんですよね。夏の暑い日に半日つけてすごしてみましたが、汗のべたつきも気になりませんでした。これが革ベルトだと「夏場革が臭くなる問題」を抱えユーザーを悩ませるのですが(悩んでいるのは筆者だけかもしれません)、その点この問題とは無縁そうです。

『攻殻機動隊 新劇場版』のオフィシャルコラボ クロノグラフ 『攻殻機動隊 新劇場版』のオフィシャルコラボ クロノグラフ

そして時計本体の大きさは約縦4.8cm、横4.2cm、厚さ1.1cmとガッチリ目。普段薄めの時計を愛用する筆者にはちょっとインパクトを感じましたが、大きめ好きには丁度良い大きさに感じるのかなと言ったところ。個人的には10気圧防水も嬉しいですね。10気圧まで潜水することはありませんが、手を洗ったりする時にいちいち気にしなくてもいいので。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。