ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋のアフタヌーンティーは有田焼の三段重で味わって 「森」をテーマに栗のスイーツや南部鉄器入りスコーンを堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫


秋のアフタヌーンティーセットは、和の感覚を取り入れた、しっとり大人の雰囲気で楽しんでみるのはいかが?

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」にて、アフタヌーンティーセットの秋ヴァージョン「秋菓の重(しゅうかのじゅう)」(4,000円 消費税・サービス料別)を9月14日~11月30日の期間に提供する。

「秋菓の重」は、アフタヌーンティーセットにしては珍しく、人気の有田焼の球型三段重で
提供される。

この有田焼で提供されるスタイルは2014年に開始され、今年で2年目。

今秋のアフタヌーンティーセットは「森のアフタヌーンティー」をテーマに、ピクニックバスケットにお菓子を詰めて、紅葉に彩られた森の中でティーパーティーをするような設定。

三段重の一と二の重には、栗の香りと風味をとじこめた「渋皮マロンのパウンドケーキ」や甘酸っぱいフランボワーズとチョコレートが好相性の「フランボワーズガナッシュのブラウニー」、フランス・アルデッシュ地方のマロンをたっぷり使った「アルデッシュマロンのタルトレット」などの秋らしい食材を使ったスイーツがたっぷり詰まっている。

三の重には、「スモークサーモンのアボカドボード」を用意。アボカドサラダに、スモークサーモンなどを乗せたプレートだ。

そして焼き立てのスコーンを味わえるよう、スコーンの器は南部鉄器で提供。どこまでも和を意識しているところが嬉しい。スコーンは、アールグレイ、ぷちぷちした食感が楽しいチアシード、ブラックトリュフの3種類も楽しめる。

口直しには、さっぱりと「ハイビスカスとチアシードのジュレ」も添えられており、夏から秋へ移る季節を楽しむことが出来そうだ。

なお、ドリンクはロイヤルダージリン、ワールドツアーティー、バニラブルボンティー、ナポレオンティー、オーノアールティー、インディアンナイトティーに、フレンチプレスコーヒーなど20種類を用意している。

「和」のアフタヌーンティーで、大切な方とゆっくり素敵な時間を過ごしてみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP