ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョギング・ウォーキング・スロージョギング やせやすいのは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いくつになってもスリムな体型になりたいというのは万人共通の願い。しかし、流行や都市伝説に乗ってダイエットをしたものの失敗してしまったという方も少なくないはず。 特に、体を動かしているのにどうして痩せないの? と思っている方もいるのでは。

 これについて、日本ダイエット健康協会代表理事・古谷暢基さんは「運動しているのに効果がない! という人は、体を動かすタイミングや意識する筋肉が違っているのかも」と語る。

 となれば、適切な体の動かし方を知りたいところだが、果たしてジョギングとウオーキングとスロージョギング、運動不足の人が最もやせるのはどれか。答えは、スロージョギング。福岡大学スポーツ科学部教授医学博士の田中宏暁さんはこう語る。

「最もエネルギー消費量が高いのはジョギングですが、普段運動習慣のない人がいきなり走ると膝や足首を痛めるリスクもあるうえ、キツくて続かなくなってしまうのが難点。初心者にオススメなのは、笑顔で会話しながらゆっくり走るスロージョギングです。たとえ歩くような速さであっても、同じ距離であれば、エネルギー消費量は全力で走るジョギングと同じで、ウオーキングの1.5~2倍にもなります」

 スロージョギングでは、歩幅を約10cmほどに小さくとり、指のつけ根で着地する。ただ歩くより、スロージョギングのほうがかなり効果的だ。

 そして、毎日30分と2日おき1時間のジョギング、どっちがやせるのか。実は、結果は同じだと田中さんは語る。

「必ずしも毎日運動する必要はなく、脂肪燃焼効果を期待するなら、週に180分以上を目安にするといいでしょう。炎天下や雨など外に出たくない時は、室内でステップ(階段でも可)を上り下りするだけでも効果があります。

 好きなテレビを見ながらなら、30分はあっという間。1分間に25回上り下りすると、消費エネルギーは時速5kmのスロージョギングに相当します」(田中さん)。

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
時速4kmのスロージョギングで5年間こじらせたうつ病回復例も
ジョギング効果 消費カロリーは30分走ってもおにぎり1.5個分
ダイエット目的ジョギング男 走った後にコーラ2L一気飲み

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP