ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

路面電車に揺られながらビールを楽しむ「ビアガー電」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎年夏になるとさまざまな趣向を凝らしたビアガーデンが登場するが、最近ネット上でじわじわと話題を集めているのが、熊本市の「貸切ビアガー電」だ。

・路面電車を貸切

“ガー電”の電はそう、“電車”の電!

路面電車を貸切のビアガーデンにしたもので、毎年7月から9月の期間限定で、熊本市交通局が運行している。

・シックな内装

写真を見てみると、窓に面したハイカウンターがずらりと並び、なかなかシックな仕上がり。

電車に揺られ、ゆったりと夜の街並みを眺めながら、至福の1杯をいただくことができそうだ。

熊本市民ならずとも、いつかは乗ってみたい!と思わずにはいられないこの「貸切ビアガー電」。

・1日1組限定の人気サービス

1日1組限定の2時間制、定員28名で、ビールや食べ物は持ち込みとなっており、トレイ休憩もあり。

毎年かなりの人気を博しているとのことで、ぜひ他の街でもこんな素敵な取り組みを始めてほしいものだ!

熊本市交通局
http://www.kotsu-kumamoto.jp/kihon/pub/detail.aspx?c_id=3&id=679&pg=1

・ビール(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP