ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイエットを始める前に!減量効果を高める「12のコツ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

減量専門医のKhandee Ahnaimugan博士が、「mindbodygreen」ダイエットの秘訣を紹介しています。流行りのダイエット法に振り回されず、ポイントは基本に立ち返ることだとか。それさえできれば「体が自然と痩せていく!?」。知らなければ、一生後悔するかもしれませんよ。

01.
「○○までにあと数キロ」
期限を設けない

期限を設定することは、自分自身にプレッシャーとストレスを与えるだけ。好きなだけ時間をかけて、やりやすい方法を探せばいいのです。無理に日数を区切っていくら頑張ったところで、リバウンドしてしまっては、痩せる意味がありません。長期的に考えましょう。これだったら続けられる?と、常に自分に問いかけることです。

02.
「今回はやってやる!」
自分自身に約束する

体重を落とすことが目的ならば、完全にやり遂げるまで何よりも優先することです。そのためには、友達や恋人との約束を削ってでも、栄養摂取、運動、睡眠、この3つの時間をしっかり確保できるよう、日々のスケジュールを調整する必要があります。

03.
一度に全てを変えようとしない
小さな改善点から始める

これが失敗する一番の原因。劇的すぎる変化は、いい結果にはつながりません。食べるもの全てを変えるのではなく、例えば10%分、食べる量を減らすことから始めてましょう。

04.
食べたものを記録する

いわゆるレコーディング・ダイエット。これ、効果がありますよ!

05.
1年間続けられる
パターンを見つける

「毎朝5時に起きて5キロ走る」壮大な計画ですよね。だけど、それを本当に6ヶ月間続けることができますか?一週間のうちに何回かウォーキングをする。きっと、地味に聞こえるでしょう。でも、効果があるならそれで充分なんです。まずは、あなたがきちんと実行できる計画立て、成果を喜ばなければ、現実的に続けていくことはできません。失敗が続き、自己嫌悪に陥るだけです。

06.
ジムに通うことだけが
エクササイズではない

とにかく、日常生活をアクティブに過ごす努力を!もっと歩くとか、階段を使うとか。

07.
有言実行あるのみ!

せっかく、計画を立てたのに実行できないと、自分を信じられなくなってしまう。だからこそ、小さな変化からゆっくり始めることが大切なのです。

08.
応援してくれる
仲間を増やすこと

それはプロのトレーナーかもしれないし、もしかしたら信頼できる友達かも。とにかく「ひとりじゃない」と感じることが重要です。

09.
でも、助けにならなかったり
邪魔するようなら
友達の言うことを聞かない

ネガティブな考え方は、誰にもいい影響を与えないものです。

10.
食べる速度を遅くする

食べる量を減らすことも重要です。そしてゆっくりと味わうこと。これだけで、満足感が大幅にアップします。これぞ、正にWinWinの関係。

11.
事実にとらわれすぎない

減量についての知識が豊富なのに、痩せられないという人もいます。方法をただ学んだり、知識を得てもしょうがありません。ただ、行動に移して、即実行すること。これだけです。

12.
失敗は成功のもと
何度だってやり直せる!

じつは、ダイエットに成功した人たちのおよそ90%は、途中で挫折したり、失敗を経験しているもの。過去に一度や二度失敗したからって、一生成功できないという訳ではありません。

さらにAhnaimugan博士の貴重なティップスは続いて、その数18つ。のこりはこちらから。とにかく大切なことは、自分自身を見失わないで続けること。大丈夫、あなたならできる!

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

腹筋はジムではなく「キッチン」でつくる!ヘルストレーナーが語る科学的理由
カラダの痛みを「椅子から離れずに」解消する驚きの方法10選。仕事の時に使える!
1日たった5分で、あなたの腹筋は見違える!米で話題のエクササイズとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP