ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大人も興奮】『ドラえもん』のひみつ道具、タイムマシンが発売中!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「タイムマシン」と言えば、机の引き出しの中に広がった時空間に浮いているのが常識です。でも、今年の夏はプールで見かけることがあるかもしれません。

オンラインショップ「HYPEBEAST」で販売されている「Blue Time Machine Inflatable Floats」は、『ドラえもん』に登場するひみつ道具を再現したもの。これには大人も大興奮!すでにコアなファンの間では話題になっています。

塩化ビニールでつくられており、サイズまでを忠実に再現。120kgの重さまで耐えられるのだとか。レバーなどの細部もよくできています。

中国のメーカー「DING DONG TAKUHAIBIN」によってつくられたこちらの商品は、小学館集英社プロダクションと藤子・F・不二雄プロ監修のオフィシャルなアイテム。“偽物”ではありません。
ちなみに、実際に人が乗っているところを撮影した写真はよく見ると見覚えのある服装。彼はもしや…。

…ジャイアンだ!

「どこでもドア」も
タオルケットで登場

実はその他にも様々な商品が開発されています。「どこでもドア」の形をしたタオルケットもとても魅力的。ファンにはたまらないクオリティに仕上がっています。

白地のバッグもついており、ロゴやデザインも夏らしく涼しげで素敵。

その他、ドラえもんの好物「どら焼き」型のフリスビーなども。

お値段は「タイムマシン」が195ドル(約25,000円)、「どこでもドア」が51ドル(約6,000円)、「どら焼き」は13ドル(約1,500円)。少し高価ですが、すでに「タイムマシン」と「どこでもドア」は売切。しかも、たったの2日間で完売してしまったのだとか。

きっと子どもたちが使ったら、あのせまーいスペースに何人も乗りこんではしゃぐんでしょうね。再販がいつになるのかは不明ですが、どうしても欲しい!というあなたは、引き続き販売サイトをチェックしておいたほうがいいかも。

Licensed material used with permission by DING DONG Takuhaibin

関連記事リンク(外部サイト)

この中で一人だけ溺れている子どもが・・・すぐに発見するライフガードに脱帽!
水着シーズン到来!女性なら絶対に知っておきたい「アンダーヘアのお手入れ方法」
【衝撃映像】元・世界一の男子シンクロ選手が「泥酔状態」でプールに入った結果・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP