ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戦いたいヤツは誰でも殴り合ってOK!「ファイトクラブ」は実際に存在した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

超コワモテのバイカー集団が主催する、映画『ファイトクラブ』のような定例イベントが「ヤバすぎる」と話題になっている。

https://youtu.be/LUzhyZ_9yh0

米国カリフォルニア州オークランドを拠点とする伝説のバイカー集団<ザ・イーストベイ・ラッツ>は、1996年から定例イベント「フライデー・ファイト・ナイト」を開催している。このパーティでは、闘いを希望する者は誰でも、彼らのクラブハウスに設置されたリングへ上がり、自身の暴力性を解放して喧嘩することが許される。

リングに上がる者は、プロのファイターである必要はない。バーテンダー、フォトグラファー、ボディビルダー、大学生、実験助手、ミュージシャン…と、幅広い職業の一般人たちが参加する。たいていは男性vs男性、女性vs女性での対戦が決まっており、いずれもボクシングのようなスタイルで本気で闘う。このイベントはいまや有名となり、大勢の見物客がリングの周りに集まり、会場は熱気に包まれる。

また、このイベントに密着したドキュメンタリー映画『East Bay Rat’s Fight Party (原題)』も公開されており、バイク集団の創設者であるトレヴァー氏は「誰しもが暴力的な部分を持っている。これは、人々が度胸の限界を試す安全な場所を提供するイベントだ」「起こりうる最悪の事態は、鼻血が出る程度」と語っている。

「普通の人々が、普通ではないことをやるのが重要なんだ。このイベントは、自分の人生を永遠に変えうる挑戦に立ち向かうチャンスだ」というトレヴァー氏。実際、自己免疫疾患の病気に長年苦しんでいたウェイトレスが、リングに上って闘うことで病気を克服する強さを取り戻した、といったケースもあるようだ。

【参照リンク】
http://www.odditycentral.com/

関連記事リンク(外部サイト)

アゴヒゲアザラシの「タマちゃんを見守る会」は13年経った今も見守り続けているのか?
サッカーの試合でテンション上がりすぎた観客が暴走!頭から海老反りでピッチに落下
絶対にあきらめない最強親父!娘を守り抜くロック様がカッコよすぎる【動画】
カントリー・ガールズ 稲場愛香の「画伯系イラスト」が個性的すぎると話題に
イケメン俳優・本郷奏多の意外な告白が女性から大人気「生まれもってのヒモ」「養いたい」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP