体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名古屋人もうならせる。居酒屋チェーン『素材屋』の名古屋めしコースの実力がすごい!

f:id:Meshi2_IB:20150717094453j:plain居酒屋チェーンは、なんといってもその気軽さが魅力。

かなり本格的な和・洋・中の料理からスイーツまでメニューは豊富に揃うし、間違いなく味のレベルもひと昔前よりも高くなっている。安くて旨いだけではなく、ハキハキと元気な店員さんのサービスも実に心地よい。

そんなイイこと尽くめの居酒屋チェーン。北は北海道から南は沖縄まで全国各地の客、いや外国人観光客が来ても、ある程度は満足するだろう。逆にそのソツのなさにモノ足りなさを感じる人もいるかもしれない。

 

そうした中、巷の居酒屋チェーンとはやや趣が異なる店を発見した。しゃぶしゃぶが有名な『木曽路』が手がける『素材屋』だ。

『素材屋』は東京に9店舗、大阪に4店舗、そして名古屋に5店舗、計18店舗を展開する居酒屋チェーン。にもかかわらず、「味噌串カツ」や「手羽先の唐揚げ」などの定番から「鉄板ナポリタン」や「味噌とんちゃん焼き」など地元でしか味わえない名古屋めしメニューが充実しまくっているのだ。

f:id:Meshi2_IB:20150717101523j:plain鉄板ナポリタン(税抜580円) f:id:Meshi2_IB:20150717101558j:plain味噌とんちゃん焼き(税抜430円)

巷にあふれる居酒屋チェーンの場合、地方発のメニューは「大北海道フェア」や「九州うまかもん祭り」的な期間限定イベントにありがち。食材を現地から調達したり、味付けを考えたりと努力は認めるが、やはり、現地で食べる本場の味にはかなわない。

対して『素材屋』の名古屋めしの数々は、堂々とグランドメニューに載っている。さらには「名古屋めしコース」なるものまで設けてあり、店舗にもよるが2,000円ほどと、かなりお値打ちな値段設定になっているのだ。

なんなんだ、その自信。どうなってんだ、そのクオリティ。こうなったら、生まれも育ちも名古屋の私、永谷が自分の舌で確認してやろうじゃないか! 

名古屋人が大好物の海老マヨサラダ

f:id:Meshi2_IB:20150717095007j:plainってことで、カメラマン仲間の丸ヒゲ工務店とミーナの3人で向かったのは、金山総合駅南口のほぼ目の前にある『素材屋 金山店』。 f:id:Meshi2_IB:20150717095120j:plain

店長の滝本勝巳さんが笑顔でお出迎え。

f:id:Meshi2_IB:20150717095153j:plainあらかじめ「名古屋めしコース」に、飲み放題をつけて予約しておいたのだが、どんな料理が出てくるのだろうか……。そんなことを考えながら乾杯!おっと、さっそく一品目が運ばれてきた。

一品目「サーモン刺身」

f:id:Meshi2_IB:20150717095220j:plainうん、脂がのっていて旨い。ま、これは名古屋めしへのほんの助走ってところか。一杯目の生ビールをあっという間に飲み干す。ちょっとした満足感に浸っていると、滝本店長が二品目となる鍋を運んできた。
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。