ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最も危険な職業」と「最も安全な職業」トップ10 米調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事検索サイトのCareerCastは、米国における「最も危険な職業」と「安全な職業」のリストを発表しました。7月22日付のCNBCにフレッド・アンベール氏がレポートしています。

このリストは労働環境や給与、ストレスなどを含むキャリアの様々な側面を独自に調査し、米国労働統計局の給与成長率と年平均給与のデータを加えて作られています。まず、米国で最も危険な職業に挙げられたのは以下の通り(英語アルファベット順)。なお米労働統計局は、2013年に米国で仕事中に死亡した人の数を4585人と推定しています。(文:夢野響子)


1.航空機パイロット

1000人以上の乗客を、時速800キロ以上で輸送する責任のある仕事です。仕事中の死亡者も10万人中50.6人と高いです。年収中央値は9万8410ドル(1ドル=124円で約1220万円)と高いのですが、2022年までの推定成長率はマイナス1%で将来性は低いと見込まれています。
2.動物の飼育係

動物の予測不可能な行動が最大のリスクです。年収中央値は1万9970ドル(約248万円)、2022年までの推定成長率は15%と見込まれています。
3.建設労働者

建設現場や作業には危険がつきもの。年収中央値は2万9160ドル(約362万円)、2022年までの推定成長率は25%です。
4.救急士

人命を救うため、道路を高速で走行したり危険地域にヘリコプターで赴いたりするリスクがあります。年収中央値は3万1020ドル(約385万円)。2022年までの推定成長率は23%です。
5.軍人

戦闘や被災地に送られ、想像を絶する危険に直面します。年収中央値は2万1664ドル(約269万円)。2022年までの推定成長率は不明となっています。
6.消防士

森林火災や燃える建物に飛び込むことも必要です。年収中央値は4万5250ドル(約562万円)、2022年までの推定成長率は7%です。
7.トラック運転手

仕事中の死亡者は、10万人中22人と高いです。道路安全保険協会によると、米国の高速道路死亡事故の1割が大型トラックとの衝突だとか。年収中央値は3万8200ドル(約474万円)、2022年までの推定成長率は11%です。
8.木こり

政府統計によれば、仕事中に亡くなった人の割合は10万人中91.3人と非常に高く、すべての職業の中でトップとなっています。大型機械や落下破片、遠隔地での作業が危険な環境を作り出します。年収中央値は3万3630円(約418万円)、2022年までの推定成長率はマイナス9%です。
9.保護観察官

暴力的な重罪者に対処する潜在的な危険があります。年収中央値は4万8190ドル(約599万円)、2022年までの推定成長率はマイナス1%です。
10.警察官

すべての職業の中で、負傷や疾患率が最も高い職業の一つです。年収中央値は5万6980ドル(約708万円)、2022年までの推定成長率は5%です。

では逆に、最も安全な職業にはどんなものがあるでしょうか。


1.会計士

この職業で困難なのは、会計検査のみでしょうか。年収中央値は6万3550ドル(約789万円)、2022年までの推定成長率は13%と見込まれています。
2.アクチュアリー(保険数理人)

ビジネスの将来のリスクを分析をする仕事ですが、業務は安全です。年収中央値は9万3680ドル(約1163万円)と高く、2022年までの推定成長率も26%と将来性ありです。
3.役員秘書

この職業の負傷率はわずか0.3%。役員のためのタスク管理はストレスになりえますが、職場環境は非常に安全です。年収中央値は5万1270ドル(約637万円)、2022年までの推定成長率は17%と見込まれています。
4.歴史家

仕事の大半は研究が中心です。年収中央値は5万2480ドル(約652万円)、2022年までの推定成長率は6%です。
5.人事マネージャー

業務の監督はストレスになるかもしれませんが、安全な職業です。年収中央値は9万9720ドル(約1239万円)、2022年までの推定成長率は13%です。
6.数学者

安全なだけでなく、多くの企業が高度な分析研究を採用するようになり、多くのビジネス機会が望めます。年収中央値は10万1360ドル(約1259万円)、2022年までの推定成長率は23%です。
7.医療記録技術者

日本にも「診療情報管理士」という資格があるようです。年収中央値は低いものの、最も安全な職場環境です。年収中央値は3万4160ドル(約424万円)、2022年までの推定成長率は22%です。
8.レクリエーションワーカー

記事によれば、多少の肉体労働は伴いますが子どもと過ごす安全な仕事、とのこと。福祉関係にも同様の仕事がありそうです。年収中央値は2万2240ドル(約276万円)、2022年までの推定成長率は14%です。
9.統計学者

数学者同様、高い需要のある安全な仕事です。年収中央値は7万5560ドル(約939万円)、2022年までの推定成長率は27%です。
10.テクニカルライター

工業技術の専門的な内容の文章を書くオフィスワーカーです。年収中央値は6万5500ドル(約814万円)、2022年までの推定成長率は15%です。

以上、求職者の参考用に作られたリストということですが、ここで分かるのは、危険な仕事だから給与が高いとは言えないことです。

(参照)The most-and least-dangerous jobs in the U.S.(CNBC)

あわせてよみたい:人事の本音「労働条件ばかり聞いてくる学生は願い下げ」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。