体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「TORQUE」と釣りアプリで爆釣りの予感! 世界初の耐海水防水端末とアプリによる、最強のフィッシングギアが完成!

7月に京セラから発売された「TORQUE(トルク)」の新モデルは、世界初の耐海水防水端末。海水浴やダイビング、サーフィンなどのアウトドアが好きな人なら、ぜひ使ってみたいと思う端末ではないでしょうか。

そんな、世界で初めての耐海水防水性能をイチ早く実感するため、今回はTORQUEを持って、船での海釣りに挑戦してみたいと思います!

auスマートパス×TORQUEでフィッシングギアが完成!?

今まで釣り堀でしか魚釣りをしたことがなかった筆者ですが、auスマートパスの取り放題アプリのなかには、釣りに役立つ情報を提供するアプリがあるとのことで、これらとTORQUEを組み合わせれば、釣り初心者でも使える最強のフィッシングギアができるのではと踏んで、早速検索をかけます。

様々な釣り情報を検索したり、プロのアドバイスを読めるアプリ「釣りキング」に、水深や海底の地形、漁礁をマップに表示でき、マップに自分の見つけた爆釣(魚が沢山釣れる)スポットの記録したり、友人とも共有できる海釣り専用のマップアプリ「海釣図」を発見。筆者は都内在住かつ釣具を持っていませんので「手軽に行けて、手ぶらで海釣りができるところ」の情報収集に励みます。

調べてみた結果、都内からも簡単に行けて、初心者でも手ぶらでアジ釣りができる場所を発見! しかも意外と多いことに驚きました。さっそく予約して、翌々日には釣りに行くことに。当日までは「釣りキング」で、釣りのプロのアドバイスを熟読したり、YouTubeなどで釣り動画をチェックして、ひたすらイメージトレーニングを重ねます。ちなみに「海釣図」は家から近い船が出る港を探すのに役立ちました。ただ、メインとなる海の深さや漁礁のマップ表示、釣行記録機能は、初心者よりは海釣りに慣れた人向けの機能のようで、初心者の筆者にはレベルが高すぎてわからず、釣りとは奥が深い……と改めて感じました。マップの表示を理解して、自分で爆釣ポイントを探れれば一人前でしょうか。

いよいよ出港!

今回お邪魔したのは、横浜の元町・中華街駅から徒歩圏にある渡辺釣船店という船宿。朝7時にアジを釣る船が出港するので、日の出とともに起きて6時台には集合。普段は夜型の生活をしているため、朝の日差しが刺さります……。

受付を済ませて、釣り具やエサ、救命ベストをレンタルしたら、船に乗って簡単なレクチャーを受けることに。「撒き餌をカゴに詰めて、仕掛けを垂らして、水底に重りが付いたと思ったら、そこから2メートルくらい糸を巻いてください! あとはちゃんと振って撒き餌をまくこと! そしたら釣れるから!」と店員さん。あっさりすぎる説明に呆然とする筆者。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会