ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食屋の高級ファーストフード? 専門店のだし茶漬け

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)の午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「7-ELEVEN GOURMET-3」。8月12日のオンエアでは、だし茶漬け専門店の味を紹介しました。

まだ暑さが続き、食欲が落ちているという方も多いのでは? そんなとき、強い味方になってくれるのが、胃に負担をかけることなく、さらさらっと食べられるお茶漬け。関東、関西で18店舗を構えるお茶漬け専門店「だし茶漬け『えん』」によると、年間を通して一番集客があるのも、7月、8月の2カ月。まさに今、お茶漬けにとっても一番“あつい”季節となっています。

たかが、お茶漬けと思うなかれ。家庭で食べるお茶漬けの概念を変える、だしにこだわりぬいたという専門店、だし茶漬け「えん」のおすすめメニューを紹介します。

同店では、定番だし茶漬け9種類と、季節のメニュー1種類の合計10種類のだし茶漬けを楽しむことができます。「和食屋の高級ファーストフード」をコンセプトに、高級料亭で出てくる鯛茶漬けや、カウンターの天麩羅屋さんで食べる天茶など、本格的な和食の味にこだわっているのだそう。高級感があってリーズナブル、そしてヘルシーとあっては、女性に大人気というのも納得です。

こだわりの“だし”はというと、こぶ、イリコのうま味に、3種類の節、ソウダ節、カツオ節、サバ節をミックスして、さらに鳥ガラスープを加えたものを使用。どの具材でもマッチしながら、具材によって出汁の味が変わる、素材を活かしながら楽しめる味に仕上げています。

そんな同店のおすすめメニュー 第1位は、「冷や汁」。もともと宮崎県の郷土料理をだし茶漬け風にアレンジ。イリコとナッツをすりおろし、すった焼き魚に、味噌を加えただしをかけた、冷たい汁かけご飯に仕上げています。リピート率ナンバー1のやみつきメニューなのだそう。2位には旬のアジを使った、「長崎産のアジの梅味噌和えだし茶漬け」が、3位には、山芋、枝豆、オクラが入った、食感も楽しめる「きざみ菜漬けのぶぶだし茶漬け」がランクインしています。

手軽にさらっと食べられるだし茶漬け。おだしの香りにくすぐられ、食欲のない夏でもおいしく食べられそうですね。

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP