ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルボナーラとペペロンチーノ 太りにくいのはどちらか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性にとっていくつになってもダイエットは永遠のテーマ。しかし、実は正しい知識が得られていないことも。管理栄養士、アンチエイジングプランナー高木優梨さんは、太る太らないは「カロリーや油が問題なのではありません」と語る。たとえば、カルボナーラは800kcal程度あるが、ペペロンチーノ(550kcal)と比べ、カルボナーラが太りにくいのだという。日本ダイエット健康協会の代表理事・古谷暢基さんが語る。

「ダイエットのキモはカロリーではなく、血糖値の急上昇。血糖値を上げる糖質を食べるなと言っているのではありません。食べる際に、いかに血糖値を急上昇させないかが、肥満を防ぐコツなのです。

 カルボナーラの場合は生クリームや卵、ベーコンなど、脂質とたんぱく質が麺を分厚くコーティングしているので、糖質の吸収が緩やかになります。一方、ペペロンチーノはオリーブオイルでコーティングされているのみ。具が少ないため、糖質の吸収スピードが速くなってしまいます」

※女性セブン2015年8月20・27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
焼肉定食と寿司御膳 太りやすいのはどちらかを専門家が判定
実は逆効果か 糖質制限、単品だけ食べダイエットの落とし穴
ハンバーガー食べる時のサイドオーダーはポテトよりナゲット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP