ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自由研究にもおすすめ!PiKAPiKA(ピカピカ)を撮って遊ぼう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、さんぺーです!

突然ですが、みなさんは下のような写真を見たことはありませんか?

暗闇のなかに文字や絵がピカッと浮かんでいる、これです。CMとか結婚式のムービーとか、はたまたSNS上なんかでも見たことがあるのではないでしょうか。

実はこれ、「PikaPika(ピカピカ)」っていう名前があるんです。

PiKAPiKA(ピカピカ)とは?


 
「pikapika」で画像検索すると、「見たことある気がする!」というものがたくさん出てきます。

PiKAPiKAとは、光で空中に文字や絵を描き、その光の軌跡を撮るもの。一眼レフなどのシャッタースピードを調整できるデジタルカメラであれば、撮影することができます。
写真を連続させれば綺麗なストップモーションムービーにすることもできるため、アイデア次第でさまざまな作品がつくれます。

ただ、ひとりでやるのはなかなか難しいんですよね・・・。
そこで今回は、LIGのメンバーにも協力してもらってPiKAPiKAを撮ってきました!

準備するもの

懐中電灯
デジタル一眼レフカメラ
三脚

色のついたビニールテープなどを懐中電灯に貼れば、カラフルな写真を撮ることができます! 色をつけて遊びたいという方はビニールテープの準備も忘れずに。

今回は、PiKAPiKAは意外と簡単に撮れるんだよ〜!ということをご紹介したかったので、懐中電灯やビニールテープは使わず、身近にあるものを使用しました。

 

 
それは、iPhone(スマホ)の電灯。
光源になるものとデジカメさえあれば撮れるので、懐中電灯などのご用意がないときは身近にある“光りを発するもの”を探してみてください。

また、今回は会社にあるNikon D600のカメラを使いました。

撮影場所

街灯などがあるとその光を取り込んでしまってピカピカしている様子がわかりにくくなるため、なるべく暗い場所を選びましょう。
また、人の動きで文字や絵をかくため、十分なスペースを確保しましょう。

撮影方法

撮影方法はとってもカンタン!

 

 
このように、光源(電灯をつけたiPhone)を動かすだけ。すると、その軌跡を写真におさめることができます。

撮影時のポイントは、カメラをしっかり固定すること。
シャッターの開く時間を長く設定するので、カメラがブレてしまうと光の軌跡もブレてしまい、思いどおりの絵や文字を写真に写すことができなくなってしまいます。三脚などを使いましょう!

PiKAPiKAを撮影してみよう

まずは試しに、2人で撮影することに。

カメラを固定するために三脚を使ったのですが、その日は風が強く倒れてしまいそうだったので、念のため私がカメラをおさえながら撮影。
もう1人に「LIG」という文字を書いてもらいました。

 

設定 ISO:50 f/8.0 30.0秒

 
1人で3文字を書くため、シャッタースピードを遅めに設定しました。
文字をハッキリ写すことはできたもものの、その分周囲の光も取り込んでしまって全体が明るすぎる結果に。

また、文字を書く場合は、鏡文字(鏡に写したときのように反転しているもの)で書く必要があります。今回は素直に「LIG」と書いてしまったので、文字が反転したかたちで写ってしまいました。
 
このあとも何枚か撮ってみたものの、うまく撮れないので別日に再撮影することに。

別日に撮ってみました

ということで、日を改めて、終業後に「手伝ってください!」と有志の協力者を募ってみたところ5人も集まり、ぜんぶで7人に!

そのメンバーでも、PiKAPiKAは知ってるけど撮り方を知らない!という人が多かったです。はじめての体験に、みんなちょっとテンションがあがります。

 

Life is Good

試しに「Life is Good」から撮ってみることに。
撮影前にだれがなんの文字を担当し、どこからどこまでスペースを使うかを決めておくことも大事です。じゃないと、かぶったりしてワタワタしちゃいますからね・・・。
 

設定 ISO:400 f/22 6秒

人数が多いので、シャッタースピードを早めても多くの文字を書くことができました。周囲の余計な光を取り込んでいないので、光が目立って綺麗ですね。大規模な撮影などをするときは、人数が多い方がよさそう!

また、同じところに光を重ねてしまうと重なってしまうので、どのあたりに書いたのか注意しながら書き進める必要があります。

 

設定 ISO:400 f/22 6秒

何度か試して、できたのがこちら。Life is Goodって読めませんか?
コツさえ掴んでしまえばあとは慣れですね! 鏡文字が苦手な人もいるので、簡単な部分を担当してもらうなど、適切なメンバーチェンジも肝です。
何度も繰り返すことで、思いどおりの文字や絵を撮ることができそうです。

また、今回は文字の1画目から次の2画目までの間、光源を手で隠して動かしたので、その漏れた光が赤く映り込んでしまっていますね。
できるかぎり電源をこまめにON/OFFすることをおすすめします。

 


設定 ISO:400 f/22 6秒

次は星を描いてもらいました。ランダムな配置がかわいいですね。
PiKAPiKAのいいところは、絵が下手でもかわいく写るところです。

 

上野

だんだん慣れてきたメンバーたちは、難易度の高そうな文字にチャレンジしたくなってきたそうで、「上野」という文字を撮ることに。
撮影前に、鏡文字で書くときの動きを練習しておくことも大事そうです。

 

設定 ISO:400 f/22 6秒

ただ、画数が多いとシャッタースピードに間に合わず、きちんと書ききれないというケースも。
メンバーたちが「あと3秒……! 2……! 1……!」とカウントしていたので、最後の方は焦ってババっと書いたことがわかりますね。

ゆっくり動けば光の密度が高くなり濃い線をかくことができますが、はやく動けばその分線も細くなります。

 

うえの

「上野」は難しかったので、「うえの」にチャレンジしてみました。


設定 ISO:400 f/22 6秒

鏡文字で書くのはやはり難しいよう。でも居酒屋の看板にありそうな雰囲気です。

 

2015

 

設定 ISO:400 f/22 6秒

冒頭でもご紹介したものですね。数字は鏡文字でも書きやすいので上手く書けました。2015年の夏は、2015年の夏にしかやってきません。

加工で色をつける

Photoshopなどのツールを持っている方は、写真の色温度を調整するだけで色をつけることができるので、カラーテープを用意しなくても光に色をつけることができます。

色温度って?
光源の色合いは、色温度で表されます。
色温度とは、光の色を数値で表したもの(単位:K ケルビン)で、光源自体の温度ではなく、光の色を人間の目に見える感覚に置き換えて表した数値のことです。

引用元:ホワイトバランスって何だろう? – オリンパスイメージング

http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/DI/QandA/Basic/s0012.html

加工してみた


 
こちらの写真を変えてみましょう。

 

 
露光量を上げることでより明るい光にし、色温度を上げて黄色っぽくしてみました。

 

 
また、黒レベルを下げることで周囲をより暗くできます。

 
色がついているものもかわいいですね。フォトショップを扱える方であれば、マスクなどの機能を使うことで光をカラフルにすることもできそうです。

デジカメで色をつける方法

フォトショップを使わなくても、デジカメの設定で写真の色温度を変更することができます。
カラーテープやフォトショップを使わないで光に色をつけたい方は、デジカメ側の設定で変更してみてもいいかもしれません。

撮影メニュー
ホワイトバランス
色温度設定

とすすんでいくと・・・


 
上記のような画面になります。
数字が小さい方が青っぽく、大きい方が赤っぽくなります。

 
色温度は、撮影場所によって同じ数値でも色味が変わってくるので、何度か撮りながら色を調節してみましょう!

Enjoy Summer Days


 

いかがでしたか? 光でかいた文字や絵を写真として残すことができるのは、なんだかロマンチックだなあと思います。

ピカピカを撮影して、上手くいかないなあというときは下記の記事も参考になるのでどうぞ。

PikaPikaを作ってみよう – キヤノンサイエンスラボ・キッズ

http://web.canon.jp/technology/kids/experiment/e_01_06.html

それでは!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP