ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィリピンの山間部を照らす「サステイナブルライト」燃料は塩と水だけ。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやローソクが主な燃料だった。だが、これからの時代は、水と塩に。

人々が、ランプのオイル代わりに使用する燃料は、ティースプーン2杯分の塩とコップ1杯の水だけ。このまったく新しい持続可能な代替ランプを製作したのは、地元フィリピンの「SOLt Corp.」、2014年に誕生したばかりのできたての会社。地球環境に優しく費用対効果の高い、安全なランプを提供することを目指して設立された、スタートアップ・カンパニーだ。

ところで、塩と水、これだけでどうやって電力を起こしているのだろう?この「塩水ランプ」は、ガルバーニ電池製造の基礎を応用して製作されているんだそう。一日に約8時間連続で使えるばかりか、外部回路から電流を流した場合、約半年ほどの寿命のものが、1年以上使用できることも確認されている。
石油成分のひとつケロシンを使用したバッテリーや灯油、ローソクに取って代わる燃料として、大いに注目が集まっている。

「フィリピンの山間部に住んでいる人々の多くは、電気へのアクセスがなく、電力の代わりになるのは燃料を入れたランプ。ですが、その燃料を得るために片道30キロ以上の道のりを、歩いていかねばならない。そういう生活を続けているのです」

「塩水ランプ」開発のために、CEOのAisa Mijeno氏は、島々を周り、山間で暮らす人々の家に泊めまり、電気のない彼らの生活を目の当たりにして、生の声を集めた。

沿岸部では、安価な塩の価格だけでなく、無限に手に入る海水を活かしてみた。すると、ライトの光量が一段と増したそう。沿岸地域住人には、塩分濃度約3.5%の海水を使用することで、より光度の強いLED電球を搭載するアイデアをすぐに実勢した。

地震、台風、大雨、国連の調査によるとフィリピンは、全世界で最も災害が多い国として第3位ランクされている。災害時、食糧、飲料水の安定供給だけでなく、光源も当然ながら必要不可欠。こうした、場面でも「塩水ランプ」は活躍が期待されている様子。USBケーブルを直接ランプにつなげば、スマートフォンの充電も可能なつくりになっている。

塩と水、人間の生活に欠くことのできない2つのモノが、まさか明かりを照らすエネルギーになろうとは。創意工夫とアイデア次第で、持続可能なエコ製品が、きっとまだまだ作れるに違いない。

Licensed material used with permission by SALt Corp.

関連記事リンク(外部サイト)

自転車でスマホを「充電」できるエコなデバイスが登場!取り外して持ち運びも可能
【電力不要】海水を飲料水に変える!家庭用「淡水化装置」がオシャレ
誰でもできる!スマホで「3Dホログラム」を表示する方法が、楽しそう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP