ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

製氷皿を使ってつくるオシャレな「ハーブ氷」。フレーバーアイスキューブは使い方自由自在!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも熱さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!

用意するものは製氷皿だけ。あとは、お好みで果物やハーブをトッピングしていつものように水を張り、凍らせるだけ。これだけで、見た目も鮮やかな可愛いアイスキューブの完成です!

凍らせている分、使い方も自由自在です。例えば、グラスに入れて炭酸水を注げば、ひんやり爽やかなハープソーダが完成します。
さらにアレンジを利かせるなら、季節の花々を凍らせてみてはいかがでしょう。友達を呼んで、華やかな「そうめんパーティー」が楽しめますよ。

ところで、製氷皿でつくる氷の裏ワザがあるんだとか。例えば、「HowStuffWorks」の記事では、水道水は一度沸騰させてからと。水道水を沸騰させることで、カルキや不純物、さらには、白く濁らす原因のミネラル分を取り除くことができるから。これは世間一般でもよく言われている話。
ですが、これを「熱々のまま製氷皿に入れて凍らせた方が、氷ができるのも断然速い!」という、意外な事実が「WonderHowTo」で紹介されていました。曰く、水を分子レベルで見ると、沸騰された水の水素結合は、冷却した水のそれと同じ結びつきをしているため、水温さえ下がってしまえば、常温の水を凍らせるよりも速いそう。これを「ムペンバ効果」と呼ぶそうです。
他にも市販の軟水を使ったり、浄水器の水で氷をつくると、混じりっけのないクリスタルアイスができるんだとか。オリジナルアイスキューブで熱さを乗り切ろう!

Reference:HowStuffWorks ,WonderHowTo

 

関連記事リンク(外部サイト)

自然療法医が薦める「アイスハーブティー4選」と、その効果
究極のデトックスパワーは凍らせて引き出す!「冷凍レモン」は乳がん予防にも?
「スイカ」の驚くべき7つの効能。夏の恋や、ダイエットにも効果アリ!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP