ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【歴史的発見】新たなオーパーツが発見された! ヨーロッパの島で紀元前900年の「黄金のコイル」発見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ooparts6

金(ゴールド)は、いつの時代も多くの人々を魅了してきました。今回発見された金は紀元前900年から700年のものらしく、その時代といえば、青銅を利用していたといわれる青銅器時代。

・奇怪すぎる!!
いったいなぜ、金がはっけんされたのでしょうか? しかも不思議なことに、金はコイル状になっていたのです。

ooparts7

ooparts8

・金はすべてコイル状
コイル状の金が発見されたのは、バルト海に位置するデンマークのシェラン島。発見された金はすべてコイル状となっており、その薄さは0.1ミリメートルと、非常に薄いもの。

ooparts1

ooparts2

・新たなオーパーツ!!
現在、デンマーク国立博物館と専門家チームが調査中とのことですが、今のところ何の目的のために作られたのかはわかっていません。つまりこれは、紀元前900年に作られたオーパーツなのです。

ooparts3

ooparts4

ooparts5

ooparts6

・早期の解明が待たれる
オーパーツとは、その時代にそぐわない「未来の技術を施した工芸品」のこと。紀元前900年に、どうしてコイル状の金が存在したのでしょうか? 早期の解明が待たれています。

https://youtu.be/gYKjkKAR-t0

執筆 写真: Celevy http://www.celevy.com/article/

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/08/13/out-of-place-artifacts/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。