ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

暑い季節にこそ食べたい!スパイス香るカレーで夏バテを華麗に撃退!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もはや日本のソウルフードといっても過言ではないほど、子どもからお年寄りまで幅広い層に大人気のカレー。実は、私たちの美容や健康に貢献してくれる料理だと、知っていましたか? 今回は、カレーに含まれる栄養素やスパイスなどがどのように美容・健康をサポートしてくれるのか、カレーの秘密に迫ります。

■夏野菜を取り入れて栄養価アップ!夏バテ知らずの体になろう

カレーの具といえば肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじんが定番です。さらに自在にアレンジ可能で旬を具材も入れることができます。旬の野菜には、季節外れの野菜の2倍以上もの栄養価が含まれているのだそう。夏の厳しい暑さには夏野菜カレーを食べて夏バテ知らずの体を作りましょう。カレーにおすすめの夏野菜は以下のようなものがあります。

・トマト…ビタミンAとCの抗酸化作用で紫外線のダメージをやわらげます。
・ナス…体を冷やし夏バテを防止します。皮に含まれるポリフェノールには抗酸化作用も。
・ゴーヤ…発汗で失われるカリウムを補い、代謝機能を助けます。

■女性のみなさん必見!カレーを食べれば美肌になれる?

カレーには様々なスパイスが含まれていて、「ウコン(ターメリック)」にはお肌を浄化・殺菌する作用があります。カレーの本場インドでは、ウコンをニキビなどの肌トラブルを鎮める薬として用いていたのだとか。ほかにも、血行促進や発汗を促し新陳代謝を高める「コリアンダー」、デトックス作用を持つ「クミン」、アンチエイジング効果のある「クローブ」など、カレーにはお肌を健やかに保つスパイスがたっぷり使われています。

■スパイスが決め手!発汗作用で体温調節機能アップ

私たちの体は周囲の温度にあわせて自然に発汗し、体温の調節をしようとします。しかし、冷房の効いた室内にいることが多い人は発汗が抑制され、体温調節機能が乱れてしまいがちです。灼熱のような陽射しの下で外出しても、思うように汗をかくことができず、体調を崩す原因となります。だからこそ、夏にはカレーがおすすめ。カレーに含まれる「チリ」「ジンジャー」「ペッパー」といった辛味スパイスには発汗を促す作用があります。汗とともに体内にこもった熱が発散されてすっきり爽やかな気分に。市販のカレー粉を使うだけでなく、しょうがや唐辛子も加えて、より体が元気になるカレーに仕上げてみてください。(TEXT:料理サプリ編集部)

おすすめのレシピ

【たいめいけん】茂出木 浩司さんの「ベジタブルカレー」#料理サプリryorisapuri.jp

【料理研究家】東京カリ~番長 さんの「ゴーヤカレー」#料理サプリryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP