ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

天才マスタリング / カッティング・エンジニアにして電子音響の魔術師、ラシャド・ベッカー来日!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
天才マスタリング / カッティング・エンジニアにして電子音響の魔術師、ラシャド・ベッカー来日!

さまざまな作品の最終的な音を決めるマスタリング・エンジニア、そのなかでも多くのテクノ〜エレクトロニック・ミュージックの天才アーティストたちがこぞって、そのサウンドを任す”天才”エンジニアがこのラシャド・ベッカーだ。

音を知りつくした彼はまた、類まれなアヴァン・エレクトロニクスのアーティストでもある。そんな彼がライヴ・アーティストとして来日を果たす。

彼は、Poleことステファン・ベトケとともに、ベルリンでいや、エレクトロニック・ミュージックのなかで最も知られたマスタリング / カッティング・スタジオ、〈Dub Plate & Mastering〉の中核をなすエンジニアだ。

例えばリカルド・ヴィラロボスのいくつかの作品など、とにかくベルリンを拠点にするトップ・テクノ・アーティストやレーベル……彼もリリースする〈PAN〉などのリリースをクレジットまで詳細に追っていくと、おそらく彼の名前を間違いなく見つけることができるだろう。さらにいえばdicogosにおいて、彼がクレジットされているレコードの量を見るだけでも、その数はとにかく膨大な数に上る。

たとえばOTOTOYでの配信作品、シャーウッド&ピンチのアルバムや今後リリースされるにせんねんもんだいのアルバム『#N/A』でもそのサウンドは堪能できるはずだ。

そんな音を知りつくした彼が2013年にリリースした唯一のアルバム『Traditional Music Of Notional Species Vol.1』は、現在のアヴァン・エレクトロニクス〜インダストリアルの流れに大きな影響を与えている作品と言えるだろう。

そんな彼が来日を果たすのだ。

共演は5年振りとなるアルバム『Grey Scale』をリリースしたインダストリアル・デュオCARRE。まさに彼の音世界とまさに共振するような電子音の表現へと踏み込んだミックスCD『Nuit Noire』(OTOTOYでも配信中)をリリースしたばかりのDJ NOBU、そして盟友HARUKAがエクスペリメンタル・ミュージックとダンス・フロアを繋ぐスペシャル・セットを披露。さらにはキャリア初のソロ作品『SOMETHING IN THE AIR』のリリースを間近に控えたCOMPUMAが登場する!

根っからの電子音好きは絶対に見逃し厳禁です!
(河村)

UNIT / root & brach presents
UBIK featuring RASHAD BECKER (PAN, DE) Live Set
2015年8月28日(金)@代官山UNIT
Live Acts: RASHAD BECKER (PAN, DE), CARRE
DJs: DJ NOBU (Future Terror, Bitta), HARUKA (Future Terror, Twin Peaks),COMPUMA
Open/ Start 23:30

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。