ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワン・ダイレクションのナイル、新曲への“信じられない反応”にコメント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワン・ダイレクションのニュー・シングル「ドラッグ・ミー・ダウン(Drag Me Down)」が、米ビルボード・シングル・チャート“Hot 100”で3位に初登場したことを受け、ナイル・ホーランは米ビルボードに対し、「“ドラッグ・ミー・ダウン”への反応は信じられないくらいだよ」と喜びを語った。

 同曲は8月22日付の“Hot 100”で、2015年の自己最高初登場記録となる3位をマーク。また、ニールセン・ミュージックによると、6日締めの週間で35万ダウンロードを売り上げており、ワン・ダイレクションにとって過去最高の週間セールスとなった。

 「このシングルを出した時、僕らはいい曲だとは思っていたけど、まさかこんな大きな反応があるなんて予想してなかった。ビルボードの“Hot 100”で今年の最高位デビューになるなんて思ってもみなかったよ!」と話すホーランは、「あらためて、世界中にいる僕らの素晴らしいファンのみんなの惜しみないサポートに感謝しなきゃいけないね」と続けている。

 「ドラッグ・ミー・ダウン」は、今年後半のリリースが予定されているワン・ダイレクションの5枚目のスタジオ・アルバムからの1stシングルだ。

関連記事リンク(外部サイト)

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート9週目の1位をマーク、ウィズ・カリファの今年最長記録に並ぶ
映画『ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男』の特別映像がオリジナル・ジェームス・ブラウン・バンド来日公演で上映決定
Spotify プレミアム会員向けのより魅力的なサービスを計画か

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP