体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ラブライブ!』星空凛役で大注目・飯田里穂インタビュー! アイドルオタクな一面も

DSC09469_f3_

2002年よりNHK「天才てれびくん」のてれび戦士として活躍後、映画、TV、舞台、CM、ラジオ等徐々に活動の幅を広げ、2013年にアニメ「ラブライブ!」にて星空凛役で声優デビューを果たした飯田里穂、通称“りっぴー”。

7月29日には待望の1stアルバム『rippi-rippi』がリリースとなり、オリコン初登場7位を記録するなど、大きな話題を呼んでいます。『rippi-rippi』は、畑亜貴さんが作詞したリード曲「始まりたいカノン」をはじめ、同じく「μ’s」のメンバーである、南條愛乃さんが作詞した楽曲や、りっぴー自身が作詞に挑戦した楽曲など超・豪華な1枚。ポップな曲、切ない曲、色々なりっぴーの表情を楽しむ事が出来ます。

今回のインタビューではアルバム作りへの想いから、星空凛に大抜擢されての気持ちなど、色々とお話を伺ってきました。

DSC09467_f3_

―1stアルバム『rippi-rippi』発売おめでとうございます! もうリリースされているシングルはもちろん、このアルバムで飯田里穂さんの歌声を聴くのが初めてという人もいるかもしれませんが、良い意味でキャラソンとは印象が全然違いますよね。

飯田:ありがとうございます! 『ラブライブ!』の星空凛役で私の事を知ってくださった方がほとんどだと思うので、飯田里穂としての楽曲も明るくて元気なイメージなのかな? と最初はイメージすると思います。でも、自分自身がゆったりと広がりのある音楽が好きな事もあって、このアルバムでは明るい曲、切ない曲、静かな曲、バラエティ豊かな曲を収録しています。

元気でポップな楽曲を歌っている飯田里穂のイメージが皆さんにあると思うんですけど、キャラクターでは無い“飯田里穂”が歌うとこうなるんだよ、とギャップというか驚きを感じていただけたら嬉しいですね。

―キュートな飯田里穂さんはもちろん、女性らしくて大人っぽい歌声も印象的でした。

飯田:アルバムの中でも「りっぴーっぽい!」という曲もあれば、「これもりっぴー?」 と思う様な曲もあって色々ですよね。私自身も自分の色々な面を出せたと思っていて、このアルバムは宝物の様な一枚です。

―リード曲の『始まりたいカノン』は「始まりはカノンと似ているよ」という歌詞が印象的で、これはソロデビューを果たした飯田里穂さんの気持ちを表現していたりするのでしょうか?

飯田:畑亜貴さんに歌詞を書いていただいたのですが、一見すると恋愛ソングの様で、聴く回数を重ねていくうちに自分のデビューにも置き換えられるなと感じました。「私から違う私が生まれてしまった」とか、恋する女の子の気持ちを表現しているとも思えるし、私の様に夢に向かって進んでいる人の心情を歌っている様ですし。

―確かにそう考えると、一曲を色々な角度から楽しむ事が出来るというか。面白いですね。

飯田:畑さんって本当にすごい方なんだなって思います。「始まりたいカノン」というタイトル自体もそうですが、人の気持ちをこうしたオリジナリティある言葉で表現出来るなんて、とっても素敵ですよね。

―アルバムの中ではご自身も作詞に挑戦した曲がありますね。苦労しましたか?

飯田:もう、本当に大変でした! サビは割とすぐ出来て、これはいけるぞとちょっと思ったのですが、AメロとBメロを組み合わせようとしたら、全然サビと合わなくて。一番伝えたいサビの歌詞と、他の気持ちを綴ったAメロの部分が合わないというのは致命的で、そこからは苦労して苦労して、やっと完成しました。未だに夢でうなされるほどです(笑)。後は、メロディーと歌詞の文字数がピッタリ合わなかったり。作詞って本当に大変な作業なのだと改めて思いました。

―その甲斐あって、とても素直で飯田里穂さんらしい歌詞になっていますよね。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。