ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アイマス』CINDERELLA PROJECTが、KANA-BOONやCHiCO with ハニワを破りアニメチャート首位を獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫
『アイマス』CINDERELLA PROJECTが、KANA-BOONやCHiCO with ハニワを破りアニメチャート首位を獲得

 今週のビルボードアニメチャートは8月5日新発売の3曲が上位を独占。首位は『アイドルマスター シンデレラガールズ』オープニング曲であるCINDERELLA PROJECTの「Shine!!」となった。

 「Shine!!」はチャート初登場にして1位を記録。チャートイン3週目の映画『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』主題歌のKANA-BOON「ダイバー」や、同じくチャートイン2週目の『銀魂°』オープニング曲、CHiCO with HoneyWorks「プライド革命」を飛び越して結果を残した。その最大の原動力となったのはCDセールスのポイントで、2位以下に大きな差をつけている。そのCDセールスに引っ張られる形でルックアップで1位を獲得したほか、デジタルセールスでも3位と健闘し、堂々の首位となった。

 今週の2位のKANA-BOON「ダイバー」は、エアプレイとTwitterで1位を獲得。CD・デジタルともにセールスでも高ポイントとなったが、最終的に「Shine!!」には一歩及ばなかった。また、3位となったCHiCO with HoneyWorks「プライド革命」はデジタルセールスで1位となり、主に若い世代からの支持が高いことをうかがわせた。

 今週は他にも7曲の新曲がチャートイン。OLDCODEXやゆいかおりといったアニメチャートの常連組に加えて、WHITE ASHや筋肉少女帯などのロック・バンドの曲も登場している。また、今週4位となったUNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」を筆頭に、秦基博「ひまわりの約束」(8位)、SEKAI NO OWARI「RPG」(19位)といった常連組は今週もランクイン。その他、14位には8月12日発売の『ONE PIECE』主題歌、GENERATIONS from EXILE TRIBEの『Hard Knock Days』がチャートイン、CD発売に向けてラジオやTwitterなどで存在感を発揮しポイントを積み上げた。

関連記事リンク(外部サイト)

8月17日付 Billboard JAPAN HOT Animation
関ジャニ「前向きスクリーム!」がセールスで大差、ビルボード総合首位獲得
ドリカム、20周年記念ベストALが首位返り咲き!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。