ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート9週目の1位をマーク、ウィズ・カリファの今年最長記録に並ぶ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート9週目の1位をマーク、ウィズ・カリファの今年最長記録に並ぶ

 ビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”9週目のNo.1を獲得したカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。

 今週はデジタル・セールス・ポイントが大幅に増えたことで、洋楽チャート1位の座を死守するとともに総合チャート“Hot 100”で6位にランクアップする結果となったカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。遂にウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」の2015年首位最長記録9週に並び、もし来週1位をキープすることが出来ればファレルの「ハッピー」とテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」が保持する洋楽チャート首位最長記録の10週と並ぶことになる。

 2位にテイラー・スフィフトの「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」を挟み、3位にランクアップしたのは、ウォーク・ザ・ムーンの「シャット・アップ・アンド・ダンス」。日本デビュー作『トーキング・イズ・ハード』の8月12日リリースに伴い、大量のエアプレイ・ポイントが加算され、エアプレイ・チャートで見事1位に輝いたことが要因で今週TOP3入りを果たした。

 先週7位に初登場した、ワン・ダイレクションの「ドラッグ・ミー・ダウン」は4位にランクアップ。ゼイン・マリク脱退後初の新曲ということもあり、世界的に大きな話題となっており、圧倒的なTwitterポイントに加え、デジタル・セールスも好調で、NASAで撮影されたと噂のミュージック・ビデオが公開されれば、さらにポイントを伸ばしてくることは間違いないだろう。本国イギリスでは既に1位に輝き、米ビルボード・シングル・チャートでも今週3位にランクインしている。

 13位には、これまで【SUMMER SONIC】などで圧巻のステージを見せてきたヴィンテージ・トラブルの「ストライク・ユア・ライト」が初登場。老舗ジャズ・レーベル<ブルーノート>初のロック・バンドとしてメジャー・レーベル・デビューを飾る彼らの最新作『華麗なるトラブル』からのリード・トラックで、8月中旬にはプロモーション来日も控えている。そしてディスクロージャーが再びサム・スミスとタッグを組んだ待望の新曲「オーメン feat.サム・スミス」は、19位に初登場している。

関連記事リンク(外部サイト)

8月17日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
関ジャニ「前向きスクリーム!」がセールスで大差、ビルボード総合首位獲得
『アイマス』CINDERELLA PROJECTが、KANA-BOONやCHiCO with ハニワを破りアニメチャート首位を獲得

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。