ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第1位は右脳開発トレーナー・児玉光雄監修の『0歳からの育脳クラシック』166回目のチャートイン達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albums第1位は、フジテレビ『ホンマでっか!?TV』に出演の児玉光雄(右脳開発トレーナー)が監修した『0歳からの育脳クラシック』が獲得した。今回でなんと166回目のチャートインを記録しており、長きにわたって多くの親子に好評を博すアルバムとなっている。「Disc-1:右脳に働きかけるクラシック」と「Disc-2:優しい心を育むクラシック」の2枚組CDとなっており、誰もが知る名曲を中心に作曲家の時代は幅広く、楽器編成もピアノ独奏、室内楽、オーケストラと多彩な28曲が収録されている。

 第2位は日本を拠点に活動するロシア人ピアニスト、イリーナ・メジューエワによる最新作『平均律クラヴィーア曲集・第1巻』がチャートインした。ゴルトベルク変奏曲を含む前作「バッハ・アルバム」リリースで高い評価を得たメジューエワのファン待望の1枚となっている。神奈川県・関内でのソロ・リサイタル、仙台クラシックフェスティバル、京都市交響楽団との共演など、今後の演奏活動も精力的に展開される予定。

 第3位にはヴァイオリニスト、古澤巌のニューアルバム『愛のツィガーヌ-あなたを想い続けて』がチャートイン。前作同様、ベルリン・フィルの選抜メンバー“ヴィルトゥオーゾ”との共演や、アコーディオニストcobaとの、ジャンルを超えたコラボ楽曲も収録するほか、アンドレア・ボチェッリで有名な「あなたを想い続けて」を初録音するなど、話題の多い1枚となっている。7月29日に【『徹子の部屋』クラシック2015】に出演、8月3日CSダンスチャンネル『エンタメ~テレ』でEXILEのUSAと共演するなど注目が集まる中、8月8日からは東儀秀樹とcobaとの3人で行っているコンサートツアーが開始される。

text:yokano

関連記事リンク(外部サイト)

8月17日付 Billboard JAPAN Top Classical Albums
関ジャニ「前向きスクリーム!」がセールスで大差、ビルボード総合首位獲得
カーリー・レイ・ジェプセン 洋楽チャート9週目の1位をマーク、ウィズ・カリファの今年最長記録に並ぶ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP