ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安易に「就職留年」を決める前に考えておきたいこと 来年うまくいくとは限らない!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月に入り、大手企業の内定ラッシュが来ているようですね。長い長い就職活動を終えられた方、おめでとうございます。一方で、就職活動がうまくいかず、悩んでいる方もいらっしゃいますよね? 友達が続々就職活動を終えていく中で、自分はひとり「無い内定」。今年は諦めて「就職留年」した方がいいかなと考えている人も、中にはいるのではないかなと思います。

でも、ちょっと待ってください。その選択は正しいのでしょうか? 私は、就活に失敗した理由が明確な人を除き、安易に「就職留年」を選ぶことには反対です。なぜなら就職への挑戦を先延ばしにするだけでは、自分の首を余計に絞めることになってしまうからです。(文:ユズモト)
目的なき留学はマイナス。秋冬採用の会社もある

私の周りにも、就職留年をしていた人が結構います。その結果、1年後に希望の就職先を得られた人は「最初の年に部活動やサークル活動に追われ、就活を十分できなかった人」と「1年目に失敗した理由を分析し、就職留年を選択した人」です。

また、1年目に何となく流されるように就活をしてしまったが、就活後期になってやっと自分の就きたい仕事がはっきりした人は、2年目の就活でしっかり企業研究を行い、より納得できる結果を出している人が多いように思いました。

このような人は面接で「就職留年をした理由」を聞かれても、きちんとした理由がありますし、自分の心構えがどのように変わったかも説明できるので、納得してもらいやすいのかもしれませんね。

一方で1年後にうまくいかなかった人は、「何となく就職留年を選択した人」。就職留年者は「ES通過率が低くなる」というのが一般的ですし、留年の間に何も努力や反省をしなければ、2年目も同じかそれよりも悪い結果に終わるのは目に見えています。

特に、目的もなく留学に出かけ、それを理由に就活が1年遅れたことにしようとする人もいますが、私はこれもあまりお勧めしません。いまどき留学は就職に有利にはなりませんし、結果の伴わない留学はむしろマイナス。TOEIC900点以上を叩き出すまで英語力を向上させた、というのであれば話は別ですが…。

このようなことを考えると、安易に就職留年を選択するのは、とてもリスキーだと思いませんか? 探せばまだまだ選考を受け付けている企業はあるし、大手にも秋冬採用を行う所もあります。諦めずに色んな所にアンテナを張り、求人を探してください。

年明け以降、本当に「もう受けられる企業がブラックしかない!」という状況になってからでも、留年を検討するのは遅くないと思うのです。就職留年を決めてしまう前に、今一度考えてみてくださいね。

あわせてよみたい:「留年すると生涯で1000万円の損失」これって本当?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP