ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国民年金 受給開始年齢と寿命で損得が決定、その分岐点は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 老後資金を守るなら、公的年金をより“お得”に受け取る方法を学んでおくことが大切だ。厚生年金の受給開始年齢は60歳から65歳に引き上げられた。ただし、受給開始が近い年代には、激変緩和措置が設けられている。

 男性は「1961年4月1日以前に生まれた人」、女性は「1966年4月1日以前に生まれた人」まで65歳以前から部分年金(報酬比例部分)を受け取れる。

 たとえば夫婦ともに1958年生まれの場合、夫が受給できるのは63歳からだが、妻は61歳から受給できる。部分年金は38年間勤務した一般的なサラリーマンの場合で月約7万~9万円だが、「65歳まで年金はもらえない」と勘違いして、年金事務所などに申請しないと受給できないので要注意だ。

 一方、国民年金(基礎年金部分)も早くて60歳、遅くて70歳から受け取る方法がある。それが「繰り上げ受給」「繰り下げ受給」だ。

 繰り上げをすると、毎月の年金額は〈繰り上げた月数×0.5%〉減額される。60歳からもらうなら〈60か月×0.5%〉で年金額は3割減ってしまう。

 逆に繰り下げをすると、〈繰り下げた月数×0.7%〉増額される。70歳からなら〈60か月×0.7%〉で4割増えることになる。どちらが得かは、何歳まで生きるか(年金を受け取る年数)による。

 繰り上げで60歳から受給なら「76歳8か月」よりも長生きすると、普通に65歳から受け取るよりもトータルの受給額で損することになり、繰り下げで70歳から受給なら「81歳10か月」よりも長生きするとトータルの受給額で得することになる。

※週刊ポスト2015年8月21・28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年金を70歳からもらうと決めた場合、毎月受給額は42%増加
年金 「繰り下げ受給」を使えば年金額が最大1.4倍になる
年金受給時期の繰り上げ・繰り下げ 何歳まで生きれば得なのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP