ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・鈴木光司氏 無人島で娘に排便を命令しドン引きされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ハリウッド映画『ザ・リング』が世界的ヒットとなり、近年も『貞子3D2』『アイズ』など続々原作映画が公開され、世界中のホラーファンを魅了している小説家・鈴木光司氏。その実像は、ふたりの娘を育て上げた元祖イクメンで、無類の海好きとしても知られるが、長女・美里さんが父との共著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理」』(小学館)のなかで、その型破りな「野人」エピソードを暴露している。

 * * *
 たとえばヨットで地中海を旅している最中、父は小さな島を見つけると、すぐに上陸したがる癖があります。

「よぉし、あの島に上陸だぁ!」

 海賊船の船長気分なのでしょうか? 声音もいつもより低めに大袈裟に宣言すると、島を指さすや、ヨットからボートをおろして島につけます。最大の目的はトイレです。父は、無人島でことを済ますことが、「サバイバル術」だと勘違いしているのです。

 年頃の娘2人に向かって、父は声を張り上げます。

「無人島でう●こしよう!」

 皆さんは肉親からこう命令されたらどうします? 私と妹は、したがったフリをして上陸しますが、結局、何もせずに戻ります。父に抵抗するのも、疲れるものです。デリカシーのかけらもありません。

 それでも、この野人っぷりが、旅行の時だけ、ということならば、「旅の恥はかき捨て」と我慢することもできますが、父は筋金入りです。

 以前、父と同じスポーツジムに通っていたのですが、父はタオルや着替えをバッグに入れていきません。ビニール製の巾着(温泉旅館でもらえる、洗面セットが入っているアレです)をぶら下げていきます。

「……お金に困ってるんですか?」と何度、ジムの人から尋ねられたことでしょう。

 父は、他の誰も挑戦しない重さのバーベルをいとも簡単に持ち上げるのですが(この点だけは尊敬しますが)、その時の格好が……。すり切れすぎて肌が透けてしまっているタンクトップなのです! 気持ちよさそうに汗を拭うタオル……。これまたすり切れていて、まるで雑巾のようです。そのことを指摘しても動じません。

「ん? このタンクトップか? 捨てるなんてできない。まだ使えるしな。それにオレの相棒だぞ。愛おしいに決まってるじゃないか」

 聞く耳を持たないとはこのことです。周囲の視線が恥ずかしくて、私はジムをやめてしまいました。

※鈴木光司・鈴木美里/著『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理」』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性
ラーメン大好きの小池さん モデルとなった人の名は鈴木さん
近鉄・鈴木啓示監督とエース・野茂英雄の確執が生まれた瞬間

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。