ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スーパーのユニークな試み!スイーツにオリジナル・デコができる3Dプリンターを導入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの誕生日には、ケーキを買ってあげるという人もいるだろう。

そんな特別な日にピッタリの、ユニークなサービスがあるようだ。

・カスタムデザインのケーキデコレーションを3Dプリントできる!

オランダのスーパーマーケットAlbert Hejinでは、客が自らケーキのデコレーションをデザインをし、3Dプリントを使って出力できるというプロジェクトを試験的にスタート。

・システムには「Doodle3D」の技術を活用

システムには、iPadに手書きで描いたデザインを3Dプリンターで出力できる「Doodle3D」のテクノロジーが使われている。

客はタブレットを使って、自由に自分のケーキデザインを描いていく。

・ポータブルデザインの「byFlow」3Dプリンター

出来上がったデザインは、専用のソフトウェアがデジタルデータを3Dプリントのモデルに変換。

今度はそのモデルデータを「byFlow」という3Dプリンターに送信する。

この「byFlow」はポータブルタイプのフードプリンターで、Floris Hoff氏が設計したもの。

専用のブリーフケースに折りたたんで収納、持ち運ぶことが可能な、コンパクトな3Dフードプリンターだ。

・チョコやナッツペーストで美味しく仕上げ

プリンターからは、溶かしたチョコレートなどが排出できるようになっていて、店舗内で売っているパンやスポンジケーキを、デザイン通りにデコレーションしていく。

・世界でただ1つのオリジナルケーキで、サービスの差異化

まさに、“自分らしい、オリジナルの”世界でただ1つのケーキを、自宅に持ち帰れるというわけだ。きっと子どもも大喜びだろう。

スーパーとしては、他店とは異なる独自のサービスを売りにできるほか、店内の他商品の売り上げ向上にもつながる。とてもユニークなサービスといえそうだ。

Albert Hejin
byFlow

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP