ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東武鉄道が蒸気機関車!日光・鬼怒川に50年ぶりのSL復活を発表です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東武鬼怒川線の下今市〜鬼怒川温泉間の12.4kmに蒸気機関車(SL)が再び走ることになりました。

東武鉄道では2017年度の開始をめどに、JR北海道よりSL車両「C11型207号機」を借り受け、日光・鬼怒川地区にSLの復活を目指すことを発表しました。東武鬼怒川線での運行のダイヤや料金は未定ですが、日光・鬼怒川の観光の目玉の一つとして、継続的に運行していきたいとのことです。

かつては東武鉄道でも60台もの蒸気機関車が活躍していましたが、1947(昭和22)年のピーク時を境に徐々に減少し、1966年の佐野線でのさよなら運転を最後に全廃となっていました。東武鉄道にSLが走るのは約50年ぶりなんだそうです。

北海道を走行していた頃のC11形207号機

 

今回、使用を検討されているC11形2017号機は、1941(昭和16)年に製造されて以来、ずっと北海道で使用されていました。1974年に廃車になり、静態保存されていましたが、2000(平成12)年からJR北海道で動態保存機として復活し、「SLニセコ号」「SL冬の湿原号」「SL函館大沼号」などとして使用されていましたが、2014年で運転を終了。次の活躍の場を日光に移して勇姿を見せてくれることとなりました。

日光にお出かけの楽しみがひとつ増えるのは嬉しいかぎりです。SLは子どもじゃなくてもなんだかワクワクしちゃう。ドライブも楽しいけれど、SL目当てに鉄道で行きたくなりますね。

東武鉄道 ニュースリリース 2015年08月10日 蒸気機関車(SL)の復活を目指します(2017年度目途)(PDF:453KB)

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

そうだ古墳、行こう。旅行口コミサイトが「日本の人気古墳TOP10」を発表
なにこれ可愛い〜っ!あの名作スニーカーにソックリ、ひらがなが面白い「にゅバランス」
夏のアイテムも!着物や帯など江戸時代の女性のトータルファッション展示「浮世絵と衣装」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP