ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外免許で観光もアリ!渡航先として人気あの国でも使える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Tony Webster via Flickr (license)

TRiPORTライターのAnnaです。

海外でレンタカーを借りて、自由に運転ができると旅行がもっと楽しくなります。日本の免許証を使って取得できる国外免許を使えば、旅行先の国で免許を取る面倒な手続きをしなくても簡単に運転許可がもらえます。国外免許を使って運転のできる日本人の渡航先として人気の国は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、香港、シンガポール、イギリス、フランス、イタリアなどが挙げられるでしょう。

国外免許が認められるのはジュネーブ条約に加盟している地域だけなので注意が必要です。上記以外にもアジア、中近東、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカなど、世界中に加盟地域があるので、旅行のときは最初から電車やバスしか使えないと思わずに、行き先がジュネーブ条約に加盟している地域かどうかを確認し、レンタカーを使った移動手段も考えてみましょう。

一つ知っておきたいことは、ジュネーブ条約の加盟地域であっても、日本の免許のままでは受け付けてもらえないということです。あらかじめ国外免許を申請しておかないとレンタカーを借りることができず、知人の車などを使っても警察に見つかると無免許や免許不携帯で道路交通法違反になってしまいます。高い罰金を取られる場合も多いので注意しましょう。

海外免許で観光も

国外免許があれば旅行先で公共交通機関に縛られず自由に移動ができるので、観光の選択肢がぐっと広がります。しかし、海外で運転するにはドライバーの技術だけでなく、交通標識の知識や左ハンドル車の使い方なども身につけておく必要があります。

レンタカー会社によってはマニュアル車しか扱っていないところもあり、オートマ限定免許の場合は借りることができません。せっかく海外旅行に行くならツアーでは行けないような場所を個人で訪れて思いっきり楽しみたいものです。海外の高速道路を走ってみたり、美しい海岸をドライブしたり、街の中を走ったり、車があれば旅を自由自在にアレンジできます。国外免許で運転できる地域に行くならカーライフを満喫してみましょう。
国際免許の取得方法はこちら

ライター:Anna Shimizu
Photo by: Tony Webster via Flickr (license)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP